ウチの夫は子どもっぽい

2022年11月02日

20~40代の女性を対象とした、結婚生活における多くの悩みの一つと

して、“夫が子どもっぽい”という声をよく耳にします。

世間では“ガキ夫”なんて言い方もあるようですが、家庭生活における夫の

言動がこれに当てはまるようです。

たとえば

・小さい子どもが泣いていても、夫はゲームに熱中している。

・休日は子どもと過ごすより、自分の趣味・遊びに没頭する。

・仕事から帰宅するとゲームばかりしている。

・自分がやりたくない家事はやらない。

・妻の言うことを聞かない。

といった行動が“子どもっぽい”と呼ばれるゆえんだそうです。

近年はスマホのゲームにハマる大人が増え、仕事以外の時間はほとんど

ゲームをしているという男性はそう珍しくありません。

 

当然、妻としてはゲームばかりしている夫がいると負担が増えます。

家事育児の負担が増えると、ストレスも増大します。

家事育児をやっている横で、夫がゲームをしていたら、イライラするに

決まっています。

夫にそのことを注意すると

「俺だってゴミ出しと風呂掃除はやった」

「仕事で疲れたから、ゲームぐらい好きにさせろ」

と開き直り、言い訳を返してきます。

これを繰り返していると、大きな夫婦喧嘩に発展し、お互いに体力気力を

消耗してしまうため、何とか喧嘩は避けたいものです。

 

妻としては、ゲームが駄目だと言っているわけではなく、ゲーム>家事育児

という状況を逆転してほしいだけ。

ゲームは一日30分だけにするとか、子どもが寝たあとにゲームをするとか、

夫が少し我慢して、妻と子どもと関わる時間を少しでも増やそうとするだけで

家庭内の雰囲気は劇的に良くなります。

ただ、自発的に変わろうと思ってくれる男性はほとんどいませんから、こんな

ときでもやはり妻のほうであれこれ策を練らなければならないのが、心苦しい

悩みです。

 

子どもっぽい夫の家事育児の分量を少しでも増やすためには、常日頃からの

声かけが、結局は一番の近道です。

夫婦間の問題に特効薬は存在しませんから、変わってほしい相手に対しては

地道に継続して働きかけ続けるか、自分が変わるか、やはりこのどちらかに

なります。

夫に部屋を片付けてほしい場合、「部屋が散らかっているから片付けて」と

言う代わりに「この部屋、ごみと埃で汚れているから、掃除機を念入りに

かけてくれると助かる」といったように、面倒がらずに具体的な指示を出す

よう意識してみると、相手には伝わりやすいように思います。

相手を動かすためには、こちらも少しの工夫とかなりの忍耐力が必要になり

ます。それでも全部が全部うまくいくわけではありませんが、結婚生活を

長く円満に続けていくためには、忍耐力は絶対に欠かせません。

 

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
New Entries
Categories
Archives
Others