養育費の減額について

2018年11月09日

離婚の取り決めの中でも最も重要視されるのが、子どもの養育費です。

昔に比べて、今では「養育費」という言葉も定着しており、養育費のことを

全く知らないという方は皆無といっていいと思います。

 

最近では離婚時に養育費について、しっかり取り決めるご夫婦が増えて

きており、お子さんのためにも良い傾向にあると思います。

 

ただこの養育費ですが、一度取り決めた金額が将来減額される、という

こともあり得ます。

最初に取り決めた養育費は絶対的なものではなく、お互いの事情の変化に

より、減額が認められることがあります。

 

養育費を支払う側が「養育費を減額してくれ」と相手に頼み、スムーズに

承諾されれば特に問題はありませんが、相手が応じないときに減額して

もらうには、それなりのしっかりとした理由が必要になります。

 

たとえば

○養育費を取り決めたときから収入が大幅に減った

○再婚して子どもが出来た

といった理由です。

 

一つの基準として「取り決めをした時点では、当事者が予測できなかった

ような事情の変更があった場合に限り、減額を請求できる」といわれています。

 

養育費を取り決めると、どうしても絶対的なものと思ってしまいがちですが

相手の状況によっては、減額ということもあり得るんだということは

事前に頭に入れておいて頂きたい知識です。

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
New Entries
Categories
Archives
Others