十二湖でチャージ

2019年05月31日

先日、本当に10年ぶりくらいに青森県深浦町の十二湖に行ってきました。

十二湖といえば、白神山地の一角、津軽国定公園内にある複数の湖の総称

ですが、中でも湖面が青く見える“青池”が非常に有名です。

 

10年以上前に訪れたときは、青池の美しさとあまり人が多くなくて

のんびり散策するのに最高だなという印象でしたが、今回久しぶりに

行ってみると、観光用大型バスが数台停まっており、また中国語も

ちらほら聞こえてきたりと、昔に比べてしっかり観光地化されていること

に驚きました。

 

歩き始めると5分くらいですぐに青池が見えてきます。

ここで観光客渋滞が起きていました。ツアーガイドさんが順々に写真を

撮っていました。

またツアーの方は青池までで引き返し、お土産売り場まで直行していた

のも面白い光景でした。

 

青池の先を進むと、これぞTHE白神山地というような風景が待っています。

ぶなの木に囲まれて、とても気持ちのいい散策路が続いています。

今回は50分くらいかけて散策路を歩き、マイナスイオンを吸入しました。

 

秋田市からだと車で2時間はかかりますが、ちょうど新緑の時期にお勧め

のスポットです。

周辺には綺麗なコテージも揃っており、名物のまぐろステーキ丼やいかやき

といったグルメもあります。

 

ただ、大自然の白神山地を歩くときは虫よけグッズ必須です。

今回軽装で行ったため、虫が多くて大変でした。

 

 

 

 

 

Category:日常, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
New Entries
Categories
Archives
Others