子どもの受験と離婚のタイミング

2019年11月19日

子どもの受験期と親の離婚のタイミングが重なってしまうことがあります。

その理由は大きく2つ挙げられます。

一つは、夫(妻)から離婚を切り出されたので仕方なくタイミングが

重なってしまったケース。

そしてもう一つは、受験が終わると、子どもが中学から高校へ、高校から

大学へと新しい環境へ移るため、このタイミングで離婚を済ませておくと

名字の問題などが区切りがつきやすいという利点もあります。

 

特に女性にとって離婚後の名字の問題に関しては、本当に頭を悩まさせ

られます。

子どものこと、仕事の都合を考えると婚姻時の名字のままがいいけれど

元旦那の名字を名乗り続けるのも抵抗がある、、、どちらの名字を選択

すべきか、悩まれている方が沢山いらっしゃいます。

 

子どものことを考えると、受験が終わり、友達や学校など新しい環境で

新生活をスタートさせるタイミングで離婚をする方が負担が少ないのでは

ないかという側面もあります。

 

ただ、離婚のタイミングに関して何より優先してほしいのは

“子どもの精神面”です。

子どもが受験勉強で苦しんでいるなかで、親の離婚が重なると、パンクして

しまうこともあります。

受験に集中できず、大切な時期を棒に振ってしまう危険性もあります。

もちろん子どもの性格にもよります。

子どもの中には「母さんが離婚したいなら、自由にしていいよ」と背中を

押してくれる子どももいますし、「親の都合で私の人生を振り回さないで」

と反発する子どももいます。

 

親の離婚に対する反応は一人ひとり違います。

兄弟であっても姉妹であっても反応は異なります。「長女は離婚に賛成して

くれてるけど、次女が反対して困ってしまう」というケースはざらにあります。

 

離婚のタイミングはとても重要です。

子どもの様子をしっかり見て、出来る限り子どもへの負担が少ない

タイミングで離婚できるように準備をしてもらえたらと思います。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
New Entries
Categories
Archives
Others