離婚の切り出し方

2020年11月20日

離婚話は切り出しにくいものです。特に、離婚の同意が得られそうもない

場合や夫と口をききたくない場合などは、どのタイミングでどう伝えるのか

頭を悩ませる問題です。

 

離婚の切り出し方としては、例えば

①夫婦2人の時間に落ち着いて伝える

②メールや手紙で伝える

③まずは別居して、時期をみて伝える

といった方法があります。

 

ここで気を付けるポイントが2つあります。

まずは“離婚の決意が固いことを伝える”ということです。

こちらの離婚の決意が完全に固まる前に話を切り出すと、相手に説き伏せ

られてしまうだけです。

「どうせ本気で言ってないだろう」

「一時的に感情的になっているだけだろう」

と高をくくった夫に受け流されてしまいます。

ただ離婚話を切り出した事実は消えないので、夫も妻に対して構えてしまい

ますし、あとには気まずい日常が続いてしまいます。

離婚の意思を伝えるときは、相手に何を言われても決意が揺るがないように

なってからにして下さい。

 

次に大切なのは“離婚理由を明確に伝える”ということです。

女性に多いのが「嫌い」「もう無理」「すべて受け付けない」というような

抽象的な表現で離婚理由を告げてしまうケースです。

このような場合、夫は混乱してしまい「なにが離婚の原因なのか分からない。

納得できない」と離婚を拒絶する方向へ向かってしまいます。

男性は女性に比べ、理論的だと言われているように、理屈できちんと説明

しないことには納得できない方が多いです。

 

逆に言えば、離婚の決意が本気だということ、いくら説得されても翻意する

ことはないこと、離婚の理由を明確に伝えていること、この3つが揃えば

相手も真剣に向き合わざるを得なくなります。

 

そしてこちらの離婚話に夫が耳を傾けるようになったら、そこから離婚協議の

スタートです。

離婚の決意と離婚理由、この2つが曖昧になってしまうと、相手を余計に

苦しめてしまうことにもなりますから、抑えておいて頂けたらと思います。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
New Entries
Categories
Archives
Others