「子どもに会わない」は嘘!?

2021年02月09日

離婚の取り決め事項の一つに「面会交流」というものがあります。

面会交流とは、離婚後に親権者(監護者)でない方の親が子どもに会う

権利のことを言います。

 

この面会交流に関しての取り決めは

○【頻度】面会交流は月に1度とする

○【連絡方法】子どもと面会交流する際は、事前に夫から妻に連絡をする

○【その他】子どもの宿泊を含めるかどうか

などというように、あらかじめ夫婦間でルールを決めておきます。

 

運動会や学芸会、授業参観などといった学校行事に関しても

親権者でない方が勝手に参加することで、トラブルに発展する怖れがある

ような場合は、事前に話し合って決めておいた方がいいと思います。

 

ただ最近よくあるのが、夫が「離婚後は子どもには会わなくていい」

と言い出すことです。

 

このように言い出す理由はさまざまで

〇離婚の話し合いが紛糾して、イライラした夫がつい口に出してしまった

〇妻に対する嫌がらせ

〇養育費を多く払いたくないため

などいった、本来の面会交流の要素とは別の感情が絡んでいる場合があり

ます。

 

このような場合、夫の言葉を真に受けて「夫と子どもは会わない」なんて

いう取り決めをしないよう気を付けてください。

 

離婚の話し合いの最中は、夫婦ともに精神的に非常に疲弊しています。

そのため、後先のこと考えずに取り決めたり、本音とは違うことを

相手にぶつけてしまったりといったことが沢山起こります。

突飛な取り決め・無理難題な取り決めはやめておくことです。

 

夫も今は「子どもに会わない」と強がっていても、数年後には「子どもに

会わせてくれ」と言ってくることもあります。

また子どもの方も、年齢とともに、親に対する考え方・感じ方が変化して

きます。

妻の方で面会交流を制限してしまうと、夫も子どももお互いに会いたい

ときに、「会いたい」と言い出せなくなってしまいます。

 

面会交流に関しては、柔軟に取り決めることをお勧めします。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
New Entries
Categories
Archives
Others