慰謝料の金額ってどう決まるの?

2012年10月25日

10月17日付の記事の続きです。

 

慰謝料を請求したが、相手側が慰謝料の金額に納得せず

裁判までもつれこみそう・・・

そのような場合はどうなるのでしょうか?

 

裁判になった場合はさまざまな要素が考慮されて

金額が決まります。

たとえば

○離婚原因をつくった責任がどれくらいあるのか

○結婚期間はどれくらいか

○相手の経済力

などを考慮した結果、金額が決まります。

 

明らかに相手側に非があったり(夫の度重なる浮気など)、

小さい子どもがいたり、結婚期間が長かったりすると

慰謝料が上がる傾向にあります。

 

あくまで参考程度になりますが、慰謝料はだいたい

100万円~300万円までが一番多いようです。

 

ここで一つポイントなのが、「いくら慰謝料を請求しても

相手が払えないと意味がない」ということ。

 

慰謝料を1,000万円請求することは可能ですが、

相手にそれを払えるだけの経済力がないと、いつまでも

払ってもらえない状態が続き、取り決めが無駄になってしまう

可能性もあります。

無理な要求をして話し合いがこじれて、裁判沙汰になり長期化

するよりも、相手の経済力を考慮したうえで、払える妥当な額を

請求し、しっかり支払ってもらうことが一番賢いやり方なのかも

しれません。

 

鵜木行政書士事務所

http://www.unoki-gyosei.jp

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
New Entries
Categories
Archives
Others