仙北市ふるさと納税に注目

2019年10月07日

仙北市のふるさと納税寄付額が昨年度に初の1億円を突破し、本年度は

すでに2億円を超えているそうです。

制度が始まった当時の寄付額が165万円だったことを考えると、その

急増ぶりがよく分かります。

 

なぜこんなに寄付額が増えたのかというと、理由は2つあります。

①告知を徹底したこと

楽天やKDDIといった大手ポータルサイトに加入し、登録サイトの数を

大幅に増やした。

さらに仙北市内の観光地あちこちに、このポータルサイトにアクセルする

QRコードを提示するようにした。

 

②返礼品に特徴をもたせたこと

返礼品も以前より人気の米、きりたんぽ鍋だけでなく、体験型も加えた。

田沢湖でのカヤックツアー、着物姿での武家屋敷通り散策、農家民宿での

農業体験、劇団わらび座俳優との記念撮影など、仙北市ならではの特色を

全面押し出している。

 

ふるさと納税は近年行き過ぎた返礼品などが問題となり、自治体間競争が

抑制される流れになってきているため、設けられた基準の中でどれだけ地方の

特性を出すことができるのかがカギになってきます。

仙北市を成功例として、今後県内でも力を入れて取り組む自治体が増えそう

です。

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
New Entries
Categories
Archives
Others