男性の育休、取れる?取れない?

2019年11月06日

政府は、男性の国家公務員が1か月以上の育児休業を取得するよう促す

制度の構築を打ち出しました。早ければ2020年からの実施を目指す

ことが検討されています。

 

男性の育児休暇に関しては、これまでさまざまな議論が重ねられてきましたが

昨年に育休を取得した男性国家公務員は12.4%と過去最高となりました。

また最近結婚したばかりの小泉進次郎環境相の「第一子誕生後には育休取得を

検討する」との発言も非常に話題になりました。

 

一方で、民間企業の男性育休取得率は6.16%と非常に低く、周囲を見渡して

も男性が育休を取得している家庭はめったに見受けられない、というのが現実

です。

 

育休の取得に関して、男性としては

〇会社に迷惑をかけたくない

〇上司に言い出しにくい

〇誰も取得していないので、取得しにくい

といった考えがほとんど占めているのではないかと思います。

 

こういった状況を打破するには、ある程度思い切った制度を打ち進めて

いかないと難しいのではないかと思ってしまいます。

共働きが当たり前の時代、子育てしやすい環境の整備を促進するためにも

男性の育休取得制度の義務化も含めて、検討してもらいたいなと思います。

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
New Entries
Categories
Archives
Others