“価値観の違い”で苦しむ人へ

2020年09月07日

離婚の原因としてよく挙げられるのは

「性格の不一致」「不倫」「借金」「暴力」といった問題です。

なかでも多いのが「性格の不一致」いわゆる「価値観の相違」といった

問題です。借金や暴力に関しても、もとをたどればここに行き着きます。

 

性格の不一致は非常に難しい問題で、他人に相談すると

「それだけのことで離婚なんて大げさよ」と言われてしまうことがよく

あります。

 

しかし、妻からすると「何度も何度も注意したけれども直してくれない。

直そうとする意思もない。今後も直る見込みがない」と次第にストレスが

大きく膨れ上がっていきます。

その途中で義理の両親に相談して解決を試みても「たかだかそれくらいの

ことで何言ってるの。あなたが我慢すればいいだけのことでしょ」と逆に

お説教をされてしまうケースも少なくありません。

 

他人から見れば大した問題でないことでも、本人からすると、とんでもなく

苦痛に感じてしまうことは(特に離婚問題においては)多々存在します。

もちろん婚姻生活において、相手の言動に対して多少の忍耐は必要ですが

我慢し過ぎて苦しくなってしまうと、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

たとえば

“夫と一緒にいると動悸がする”

“夫のいる家に帰ろうとすると胃がキリキリ、むかむかと痛くなる”

“夫のいる家に帰りたくなくて、帰り道はつい遠回りをしてしまう”

という症状まで出てしまうと、婚姻生活を維持することが難しくなって

きます。

性格の不一致というものは、双方が話し合っても容易に解決するものでは

なく、注意してもおいそれと直るものではなく、ましてや親に頼って改善

するものでもありません。

 

当事務所のお客様のなかには

「こんなことで離婚だなんで、私ってだめですよね?」とお話される方も

いらっしゃいますが、そんなことはありません。

 

夫婦間の問題はその夫婦にしか分からないことです。

性格、金遣い、親との付き合い方など、どのポイントでその人が嫌だと

思うのかは人それぞれ異なります。

離婚理由は千差万別です。そこには優劣も大小もありません。

一人で抱えきれなくなったら、ぜひ専門家に相談してみてください。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
New Entries
Categories
Archives
Others