高齢離婚の注意点

2019年06月07日

夫の定年に合わせて離婚をするケース、世間一般では“熟年離婚”という

くくりに入りますが、定年からかなりの年数が経ってから離婚するような

ケース、この場合あえて“高齢離婚”という言い方をしますが、この

高齢離婚をする女性もいらっしゃいます。

 

高齢離婚が他の離婚の大きく異なる点は、夫婦の資産状況が確定している

というところにあります。

すでに退職金も出ており、親からの相続財産も引き継いでいる、年金を

受け取り、住宅ローンも完済している。

ここから新たに増える資産はないため、毎月の生活の収支を計算し、

一人でも暮らせる目処が立たないと、離婚を決断することは出来ません。

 

それに加え、将来的に子どもたちと同居するのかしないのか、などと

いったことも視野に入れて考えていく必要があります。

 

離婚したい理由と、離婚後の経済状況を天秤にかけ、何とか家計を

やりくりできる目処が立ってから、離婚手続きを進めていくことに

なります。

反対に、離婚したことで経済的に困窮してしまうような場合は、よほどの

事情がない限りは、離婚はお勧めできません。

 

人生100年時代に突入し、100歳まで生きるとしたら、70歳で

離婚したとしても、残りあと30年もあります。

離婚はどうしても、経済的な面(離婚して暮らしていけるのか)と

精神的な面(一緒に暮らすことが限界でもう離れたい)の両立が難しく

どちらかの選択を迫られることになります。

 

迷われる場合は、ぜひ一度専門家にご相談ください。

一人で決断して取り返しのつかないことにならないように、周囲の声に

耳を傾けることが大切です。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

“価値観の違い”での離婚

2019年05月27日

離婚の原因としてよく挙げられるのは

「性格の不一致」「不倫」「借金」「暴力」といった問題です。

なかでも多いのが「性格の不一致」いわゆる「価値観の相違」といった問題

です。借金や暴力に関しても、もとをたどればここに行き着きます。

 

性格の不一致は非常に難しい問題で、他人から見ると

「それだけのことで離婚なんて大げさだわ」と思われることが多々あります。

 

妻からすると

「何度も何度も注意したけれども直してくれない。今後も直る見込みがない」と

次第にストレスが大きく膨れ上がり、離婚につながっていきます。

その途中で義理の両親に相談して解決を試みても「たかだかそれくらいのことで

何言ってるの。あなたが我慢すればいいだけのことでしょ」と逆にお説教されて

しまうケースも少なくありません。

 

他人から見れば大した問題でないことでも、本人からすると、とんでもない苦痛

であることは(特に離婚問題においては)腐るほど存在します。

もちろん多少の忍耐は必要ですが、我慢し過ぎて苦しくなってしまうと

日常生活にも支障が出てしまいます。

“夫と一緒にいると動悸がする”

“夫のいる家に帰ろうとすると胃が気持ち悪くなる”

という症状まで出てしまうと、婚姻生活を維持することが難しくなってきます。

 

性格の不一致というものは、双方が話し合っても容易に解決するものではなく

注意してもおいそれと直るものではなく、ましてや親に頼って改善するもの

でもありません。

 

当事務所のお客様のなかには

「こんなことで離婚だなんで、私ってだめですよね?」とお話される方も

いらっしゃいますが、そんなことはありません。

 

夫婦間の問題はその夫婦にしか分からないことです。

性格、金遣い、親との付き合い方など、どのポイントでその人が嫌だと

思うのかは人それぞれ異なります。

離婚理由は千差万別です。そこには優劣も大小もありません。

 

一人で抱えきれなくなったら、ぜひ専門家に相談してみてください。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚後の財産分与は難しい

2019年05月24日

夫婦で離婚には合意したけれど、離婚届を出すのはまだ先にすると決めている

ケースがあります。

このケースには夫婦間のさまざまな事情があります。

たとえば

〇子どもが高校を卒業したら離婚届を出すと決めている

〇夫が定年退職したら離婚届を出すことにしている

〇お金がある程度貯まってから家を出ていくことにしている

などといった事情です。

 

離婚を決めてから、実際に届を出すまで、だいたい数年間を要している

ケースが多いですが、中には10年以上かかったご夫婦もいらっしゃいます。

 

そして、こういったケースに特徴的なのが

離婚に合意したときの条件といざ離婚届を出すときの条件が違っている、と

いうことです。

いざ離婚するときに条件が下がってしまうということです。

 

「預貯金は私にくれると話していたのに、折半すると夫が言い出した」

「子どもの教育費は夫が出すはずだったのに、しぶり始めた」

「年金分割すると約束したのに、応じてくれなくなった」

といったことが往々にして起こります。

 

離婚の合意からいざ離婚するまで、時間がたてばたつほど、この傾向が強く

なるように思います。

その理由としては、相手側(今回は男性に限定)の3つの変化が挙げられると

思います。

①懐事情の変化

転職して給料が下がったり、定年退職して年金暮らしになったりと、経済的に

余裕がなくなる。

②気持ちの変化

離婚を決めたときは妻に申し訳ない気持ちがあったが、徐々にその気持ちも

薄れてきた。

③生活状況の変化

新たに好きな人が出来たり、転職して新しい仕事に挑戦することになった。

 

などいった変化が起こると、以前の取り決め通りで離婚するのが難しく

なってしまいます。

ただもうこの段階では、お互いに夫婦関係を修復する気はなく、離婚に舵を

切ってしまっていますから、何とか条件面に折り合いをつけていくしか

ありません。

 

離婚の合意から離婚するまで、ある程度期間をあける場合、条件面の

取り決めはなかなか難しいものです。

時間があけばあくほど、条件が変わりやすいということを心に留めて

おいて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

姑に期待し過ぎる嫁

2019年05月13日

以前ブログで、実家に依存する妻についてのお話をしました。

出産後に職場復帰した妻について、妻の実家が家から近いと、子どもの世話や

送迎を頼む回数が増え、どうしても親に頼りがちになってしまい、次第に

夫より親の意見を優先するようになってしまうことも、、、という内容でした。

 

今回は実の親ではなく、義理の親に期待し過ぎてしまう妻について

お話していきます。

 

嫁姑といえば、時代を問わず争いが絶えないイメージが強いですが

表面上はうまく付き合っている(内心はどうか分かりませんが)ご家庭も

沢山存在します。

 

夫の実家が近くにある場合、盆正月、母(父)の日、子どもの日、敬老の日

など、家庭によっては、行事ごとに夫の実家と交流を持っているケースも

こと秋田では珍しくありません。

 

そうなると顕著化してくるのが、妻が姑に対して日頃抱えている不満です。

「もっと子どもの面倒を見てくれたらいいのに」

「もう少し金銭的に援助してくれれば」

「最近帰りが遅い夫を叱ってほしい」

などと、不満というよりかは“~してほしい”という期待ばかりが

膨らんでしまうことがあります。

 

当然、一方で姑の方も嫁に対していろいろ思うところはあります。

そういった嫁の期待する気持ちに気付いていながらも、なかなか沿えない

のが大多数です。

体力的にも、経済的にも、夫(嫁からすると舅)が現役だった頃とは

違い、孫が可愛いとはいえ、無条件で引き受けるということが年々難しく

なってきます。

 

よほどきつい姑でない限り、つい甘えてしまいたくなることもありますが

あくまで義理の親。

過度な期待や甘えがよい結果をもたらすことはあまりありません。

良好な関係を築いていくためには、敬う気持ちと適度な距離感が大切です。

接する機会が多いときほど、我が身を振り返る必要があるのかもしれません。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚における夫婦の認識のズレは危険

2019年04月18日

離婚する夫婦にはさまざまなタイプがあります。

一気呵成にダッーと離婚を押し進めていく夫婦、

意見が衝突し、なかなか話し合いが進まない夫婦、

一方は離婚に対して積極的なのに他方は消極的な夫婦

といったように、本当に三者三様です。

 

またお互いに離婚に合意し、条件面も話し終えたはずなのに

なぜか後になって食い違いが出てくるようなケースもあります。

 

私が過去取り扱った案件の中にも“食い違い”が生じている夫婦が

沢山いらっしゃいました。

たとえば

「子どもの大学の入学金は夫が負担することになりました」と妻が

話していたものの、後になって夫から「子どもの入学金に関しては

将来協議で決めることになっているんです」という連絡が入る。

たとえば

離婚に際し、離婚手続きに必要なお金は夫婦で折半する約束だったが

結果的に夫がすべて負担することになった。

他にも

子どもと夫の面会は月に1回と妻が言っていたが、夫は月に最低1回と

いう意味で捉え、自由に会えると思っていた。

 

といったように、当初夫婦で取り決めていたことが、途中からズレてきて

しまうといったことが離婚に関してはよく起こります。

 

このようなタイプの多くは、離婚自体には合意しているため、食い違いが

起きても離婚を取りやめることにはなりませんが、離婚協議書や公正証書を

作成する上では、細かな問題が生じてしまうので、できることならこういった

食い違いは避けたいものです。

 

特に女性に言えることですが、離婚が決まると、条件面に関して

夫の真意をはからず、そのまま勢いで話を進めていってしまい

詰めの段階がきて初めて、食い違っていることに気付くことが多いようです。

 

離婚にはときに勢いも大切ですが、夫との条件面のすり合わせというのは

絶対に欠かせません。

離婚協議書や公正証書の作成においては、夫婦が共通の認識をもっていることが

何よりも重要になります。

条件面の話し合いは慎重に相手の意思を確認しながら進めて下さい。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

養育費に対する夫の考え

2019年04月05日

離婚において夫婦間でさまざまな取り決めを行いますが、なかでもとりわけ

重要なのが“養育費”についての取り決めです。

 

養育費は取り決め事項の中でも特に、取り決め内容が細かくなっており

また支払期間も長期に及ぶことから、その決定には非常に神経を使います。

 

そして取り決め以前の話として、夫の養育費に対する考え方という問題が

あります。

たとえば、、、

①養育費をしっかり支払って父親の役目を果たそうと考える人

②一般的な金額ならば養育費の支払いは続けていこうと考える人

③養育費は少しでも金額を抑えたいと考える人

④養育費は出来る限り支払いたくないと考える人

⑤養育費を支払う気がない人

本当にさまざまな考え方の人がいます。

 

①②のように、養育費に対する意識の高い人は、話し合いがまとまりやすい

傾向にありますし、支払いが滞る心配もほとんどありません。

しかし③④のようになると、金額の交渉が難航したり、そもそも養育費の

取り決め自体が出来なくなるような事態に陥ることも想定できます。

「養育費は絶対に支払わない」と言ってくる夫も珍しくはありません。

 

養育費の取り決めは、支払い期間や金額、支払い方法など、細かく設定

していく必要がありますから、骨の折れる作業です。

人によっては、途中で何度も交渉がストップしてしまうことも多々あります。

 

しかし、離婚後の生活のためにも、何よりお子さんの将来のためにも

どれだけ交渉が難航しても、養育費の取り決めはしっかり行ってください。

 

養育費の取り決めに関しては、相手との話し合いの進め方において

あれこれ工夫が必要なケースがあります。

私がこれまで見てきたケースには、

「養育費を支払わない」と言っていた夫が最終的には算定表通りの額を

約束してくれたり、妻の粘り強い交渉により養育費の額が上がったという人

も沢山います。

 

養育費の話し合いは後悔しないよう、粘り強く、またときに専門家の意見も

参考にしながら、書面に残すところでまでたどり着いてほしいと思います。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

妻の不倫、実は多い?

2019年03月28日

「不倫」といえば、もっぱら男性がするもの、というイメージが

強いですが、男性同様、女性でも不倫をする人が増えています。

 

その要因としては、女性の社会進出が進み、勤務先で夫以外の男性と

交流を持つ機会が増えたこと、そして、LINEやfacebookといったSNSの

普及も挙げられます。

 

夫の不倫と比べると、妻の不倫の方が、離婚につながる確率は高いように

感じます。

その理由の一つは、経済的な事情。

夫は妻より収入が高い場合が多いため、離婚しても経済的に困ることがない

ということです。

そして理由の2つ目は、男性の方が女性よりも、傷つきやすい、根に持ちやすい

性格の人が多いということです。

 

不倫といえば、かつては夫が社内の若い女性と関係を持ったという図式が

当たり前でしたが、最近では夫の不倫相手もまた既婚女性であるという

ケースが増えてきています。

そうなるとお互いの家庭を巻き込んで泥沼化することもあります。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

夫の定年が離婚の呼び水に?!

2019年03月18日

長年連れ添ってきた夫婦が離婚することを“熟年離婚”と言います。

この熟年離婚での共通項となっているのが「夫の定年退職」です。

 

◎ずっと離婚を考えてきたが、子どものこともあって踏み切れなかったが

夫の定年退職を機に離婚したい。

◎これまで長年、夫の言動にずっと我慢してきたが、夫が定年退職したら

夫に干渉されず、自分の好きなように生きていきたい。

◎定年後の夫の面倒はもう見たくない、まして介護なんて絶対に無理。

などといったように、夫の定年退職を機に離婚を決断する女性は

このような考えで動いていることが多いといえます。

 

また夫の定年ではなく、妻が自身の定年をきっかけに離婚を決断するケースも

あります。

妻が自分の定年退職後に、退職金や親の遺産などを活用して引っ越し、新しく

一人暮らしを始めることもあります。

夫やその親族と離れて、心機一転、充実した生活を満喫されている方も多く

いらっしゃいます。

こういった女性は、経済面では人それぞれ個人差はあるものの、精神面では

これまでのさまざまな縛りから解放されて、のびのび生き生きとされて

いらっしゃいます。

 

これとは別に、夫が描くセカンドライフの青写真についていくことが出来ず

離婚を考え始めるケースもあります。

◎夫が定年後に新しい土地に移住しようとしている。

◎夫が退職後に起業しようとしている。

◎夫が退職後に実家に戻り、義母との同居を考えている。

といった夫のセカンドライフプランに賛成できずに、2人の目指す方向が

バラバラになってしまうと、離婚まではいかなくとも、家庭内別居状態に

陥ってしまうこともありえます。

 

人生100年の時代ですから、昔と違い、定年してからの人生は長いです。

夫婦として共にどう過ごしていくのか、それとも別の道を歩むのか、

「定年退職」というのは良くも悪くも、一度夫婦のあり方を考えるきっかけ

になっているといえるでしょう。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

卒婚、新しいスタイル

2019年03月06日

“卒婚”・・・婚姻状態にある夫婦が互いに干渉することなく、個々の人生を

歩んでいくという生活形態のこと。婚姻関係を維持するので離婚ではない。

そのため別居する場合と同居を続ける場合がある。

 

近年この言葉を耳にする機会が少しずつ増えてきました。

卒婚は、一見円満離婚のことを指しているのかと思いきやそうではない。

愛情のないまま夫婦関係を維持するいわゆる「仮面夫婦」というわけでも

ない。

家庭内において夫婦間の仲が険悪である「家庭内別居」でもない。

離婚はせず、夫婦ではあるけれども、互いに干渉しない、という

これまでにない新しい概念です。

 

芸能人が夫婦関係を聞かれたときに「私たち夫婦は卒婚です」と答えて

一時話題になりましたが、一般人でこの卒婚を実現するのはなかなか

難しいかもしれません。

 

ただ、時代とともに夫婦のあり方が大きく変化しています。

今や「家庭内別居」は珍しくなく、「別居婚」に関しても夫婦双方が

納得した上で、あえて選択しているケースも見受けられます。

また、仕事上の不便を解消するため「夫婦別姓」にして、籍は入れない

内縁関係というご夫婦もいらっしゃいます。

若い世代の思考力は柔軟で自由ですから、これからますます夫婦のあり方が

多様化してくるのではないか、そう思えて仕方ありません。

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚の慰謝料、初の判断、最高裁

2019年02月25日

2月18日付のブログの続きになります。

 

配偶者の不倫が原因で離婚した場合に、離婚に対する慰謝料を不倫相手に

請求できるかが争われた訴訟で、先日最高裁が初めてとなる判断を下し

ました。

 

そもそも不倫行為自体に対しては、不倫行為を知った日から3年以内で

あれば、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求することができます。

 

今回の訴訟は、不倫行為に対する慰謝料ではなく

「不倫による離婚に対する慰謝料」を請求できるかどうか

というのが争点になりました。

 

最高裁は

「特段の事情がない限り、請求できない」

との判断を示しました。

更に判決の理由として

「離婚は本来、夫婦間で決められるべきことで、

離婚させたことの責任を不倫相手が負うことはない」

と述べました。

不倫相手に離婚の慰謝料を請求できるのは

「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な干渉をした場合」

に限られるとの見解も添えています。

 

この最高裁の判断を受け、不倫相手に請求できる慰謝料に関しては

不倫行為自体に対する慰謝料請求に限られ、それが原因で離婚に至った

場合でも、離婚に対する慰謝料請求まではできないという、従来通りの

考え方のままとなります。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
New Entries
Categories
Archives
Others