離婚の速度

2022年09月26日

時間という観点で離婚を大きく分けると、じっくり時間をかけて進めていく

離婚と、あまり時間をかけずに急ぎで進めていく離婚の2種類があります。

どのような違いがあるのでしょうか?

 

まずは時間をかけて進めていく離婚についてですが、これは

○自分の気持ちがまだ100%定まっていない

○相手がなかなか離婚に応じてくれない

○養育費や慰謝料などの条件がなかなかまとまらない

といった、本人の気持ちや条件面での折り合いがついていない場合が

多く見受けられます。

条件面などの話し合いにおいては、互いが譲らず、時に紛糾してしまうこと

もあります。

お互いが冷静に考える時間も含めて、数年単位の時間が必要になるケースも

沢山あります。

また「私は本当に離婚に踏み切っていいのかしら」と不安を感じている

ような場合は、自分が心から納得できるようになるまでは、無理に離婚を

進めていく必要はないと思われます。

 

一方で、時間をかけない方がいい離婚も中には存在します。

たとえば、お互いに離婚の意思は固まっていて、条件面も取り決めている

ような場合は、相手の気が変わらないうちに早めに離婚の手続きを済ませた

方がいい、というのが離婚のセオリーだったりもします。

離婚において大切なことは、双方の意思と条件面です。

この2つがある程度まとまっているようであれば、あまりダラダラと

時間をかけずに、早急にとりまとめることをお勧めします。

こういったケースで時間をかけてしまうと、既に取り決めた条件を下げら

れてしまう2つの要素が発生しやすくなるからです。

1つ目の要素は、本人の気が途中で変わってしまうこと、2つ目の要素は、

周囲(親や兄弟姉妹、親戚)からあれこれ口出しをされることです。

こうなってしまと、その後の話し合いはあまりいい流れにはならないことが

多くなります。

 

離婚を考えている夫婦には、それぞれ適切なタイミングがあります。

そのタイミングを逃すと、いつまでたっても離婚がまとまらなかったり

離婚をしたくても、経済的な不安や子どもへの配慮から、離婚を回避せざる

得ない状況に陥ることがあります。

またその反対に、心底納得していないのに、先走って離婚して後悔して

しまうこともあります。

このような場合、当事者だけで冷静に判断することが難しかったりもします。

迷ったときは専門家に相談することをお勧めします。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

離婚の切り出し方

2022年09月12日

人にもよりますが、離婚話というものは切り出しにくいものです。

特に、相手から離婚の同意が得られそうもない場合や夫と口をききたくない

場合などは、どのタイミングでどう伝えるのか、頭を非常に悩ませる問題で

す。

 

離婚の切り出し方としては

①直接会って伝える

②メールや手紙で伝える

③まずは別居して、時期をみて伝える

といった方法があります。

SNSの普及も相まって、最近では②を選択するケースが多いように思えます。

口では直接言いにくいことも、メールにするとあっさり伝えられるという方

は少なくありません。

 

ここで気を付けるポイントが2つあります。

1つ目のポイントは、離婚したいとう意思だけでなく、離婚の決意が固い

ことを伝える必要があるということです。

そしてそのためにも、ある程度相手が納得できるような離婚理由を添える

ことが大切です。

単に「離婚したい」とだけ言われても、そもそもよほどの事情(相手の不倫

や暴力など)がないと、言われた側としては「本気で言っているか分からな

い」「こちらを試しているのか」「単なるわがままなのか」と、半信半疑な

受け止め方をしてしまいます。

こちらが離婚したい思った理由を明確に伝えなけば、相手の理解を得て

離婚を進めていくことが難しくなりますから、最初の伝え方が肝心です。

 

離婚を切り出す際、女性に多いのが「夫のすべてが嫌い」「一緒にいる

ことがもう無理」「夫のすべてを受けつけない」というような、抽象的な

表現で離婚理由を告げてしまうケースです。

このような場合、夫は混乱してしまい「何が離婚の原因なのか分からない。

納得できない」と離婚を拒絶する方向へ向かってしまいます。

男性は女性に比べ、理論的だと言われているように、理屈できちんと説明

しないことには納得できない方が多いです。

離婚を切り出したものの、離婚には応じないという相手の思わぬ反撃を受け

て、離婚を撤回してしまうこともざらにあります。

 

相手に反論されて、離婚を引っ込めてしまう程度であれば、まだ離婚に

踏み切る時期ではなかったということです。

自分の離婚の決意は誰に何を言われても翻らないという意思を固める

ことが、離婚を切り出す2つ目のポイントになってくると思います。

 

逆に言えば、離婚の決意が本気だということ、いくら説得されても翻意する

ことはないこと、離婚の理由を明確に伝えていること、この3つが揃えば

相手も真剣に向き合わざるを得なくなります。

 

そしてこちらの離婚話に夫が耳を傾けるようになったら、そこから離婚協議

のスタートとなります。

離婚を切り出す場合、離婚の決意と離婚理由、この2つが曖昧になってしま

うと、相手を余計に苦しめてしまうことにもなりますから、抑えておいて

頂けたらと思います。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

SNS不倫の難しさ

2022年09月05日

夫の浮気の発覚、20~40代の世帯において、そのほとんどがLINEと

いったSNSによるものです。

妻によっては相手女性のインスタグラム・ツイッター・フェイスブックなど

を徹底的に調べ上げて浮気の証拠をつかんだ、なんてケースも今では珍しく

ありません。

 

不倫中はとかく油断しがち、気を抜いてしまいがちなことが多く、ついつい

外出先での様子や食事内容などをアップしてしまい、それがもとで不倫が

発覚してしまうというような、みずから墓穴を掘ってしまうことがあります。

SNSというものは、人によっては私生活をもろに露出してしまう場合もあれば

その一方で実体がつかみにくい場合もあります。

 

例えば、「どうやら夫はSNS上で出会った“もも”という女性と不倫している

ようだ。この“もも”に慰謝料請求したい」と妻が考えたとします。

ここで問題となるのは

・この“もも”は夫が既婚者であることを知ったうえで交際していたのか

・“もも”の本名・住所は分かるのか

ということです。

この点が明確でないと慰謝料請求は難しくなります。

 

SNS上では自分の素性を明かすことなく相手と密なやり取りをすることが

可能です。住所はおろか、フルネームすら掴むことが困難なこともあります。

SNSは不倫の証拠の温床となっている側面もあれば、相手によっては

(特に用心深い相手だと)まったく実態がつかめないという側面もあります。

 

冒頭に記載したように、SNSの情報を駆使して夫の浮気相手を特定して

しまうケースもある一方で、夫が浮気していることは分かっているけれども

SNS上では全く不審な点がなく追及できないというケースもあります。

SNSを上手に活用しながらも、過度に振り回されることのないようにする

ことは、これからの私たちにとって非常に厄介な問題ですね。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

定年退職と離婚の関係

2022年08月31日

夫の定年退職を機に離婚を考えている女性の多くは、“定年後に夫婦で

過ごす青写真を描くことができない”ことを理由にあげています。

 

◎ずっと離婚を考えてきた。子どもや経済面のことが心配でなかなか踏み

切れなかったが、夫の定年を機に離婚したい。

◎これまで長年にわたって夫の言動に我慢してきたが、夫が定年したら

自分の好きなように生きていきたい。

といった考えを多く聞くなかで、これとはまた別に

◎夫の家族や親族にこれまでいろいろ口出しをされて、ずっと折り合いが

悪く苦しんできたから、離婚して夫の家族との関わりを断ちたい。

◎夫と義父母の介護のことを考えたら、絶対に無理だと感じた。

とより具体的な理由で離婚を考える方もいます。

 

夫の定年退職を機に離婚を考えている場合、妻の離婚後の住まいと生活費、

つまり経済的な基盤の目途がたてば、離婚はいよいよ現実的なものとなり

ます。

離婚後の生活費の工面について

・自分の退職金やこれまでの貯金を生活費とする

・親の財産を相続している(またその可能性がある)

・夫との財産分与を行う

といった方法をとることができる場合は、離婚後の経済的な不安を少しでも

和らげることができます。

この他にも

・離婚後は姉(または妹)と同居するつもりである

・実家に戻って実家を引き継ぎたい

など、さまざまなライフスタイルを選択している方は沢山いらっしゃいます。

 

また、容易ではないかもしれませんが、離婚を決めたら自分の周囲(家族

だけでなく、友人や知人)にはその旨を話して、今後生活様式が変わること

を理解してくれる人を増やすことを意識してみるといいかと思います。

病気やけがなどの有事の際に、ちょっとした周囲のサポートがあるだけで

気持ちが非常に楽になります。

 

人生100年の時代ですから、昔と違い、定年してからの人生は長いです。

離婚したことで自分にとってプラスになることに目を向けて、これまで

挑戦したくても出来なかったこと、やりたくても我慢していたことなど

積極的に取り組んでみて、人生をより豊かに過ごされる努力をすることが

大切です。

 

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

婚姻費用の危険性に備える

2022年08月02日

離婚が前提でもそうでなくても、夫婦で話し合って別居という形を

とっているご家庭は珍しくありません。

別居の場合、一番の問題となるのが「婚姻費用」いわゆる「生活費」です。

 

どちらか一方が実家に戻るようであれば、そこまで問題にはなりませんが

出て行く方が新しくアパートを借りるとなると、単純に生活費が2倍かかる

ことになり、婚姻費用の金額に大きく影響してきます。

婚姻費用は裁判所が提示している算定表をもとに、当事者が話し合って

取り決めます。解決しない場合は調停で取り決めます。

 

共働きの場合は、妻の収入と夫から支払われる婚姻費用で毎月の生活を

やりくりしていきますが、妻が専業主婦の場合は、夫からの婚姻費用が

生活費の中心となります。

 

婚姻費用で難しいのは、いつまで別居状態を続けるのかという点です。

婚姻費用を支払い続ける夫としては、2世帯状態が続くことで費用が膨らむ

ことを快く思っていない場合が多く、別居を解消して同居に戻るか、それが

無理なようであれば離婚か、という話も出てきます。

 

そもそもお互いに思うところがあって別居しているため、同居生活に

戻ることは妻にとっては(時に子どもにとっても)かなりのストレスと

なります。

そのため妻としては、別居を解消して同居に戻る、という選択肢がない

場合は、夫からの婚姻費用の比重を減らしても生活できるという形を

少しずつ築いていく必要があります。

婚姻費用が中心の生活になってしまうと、夫の出方によっては全く身動き

ができなくなってしまう状況に陥ってしまう危険性が出てくるからです。

 

「夫が離婚を切り出してきたけれど、収入がないから離婚はできない」

「夫が別居を解消するよう迫ってきたが、同居は絶対に無理」

「夫が婚姻費用を払わないと言ってきたが、どうしたらいいのか」

「夫が勝手に婚姻費用を減らしてしまった」

「本当は離婚したいけれど、婚姻費用がなくなるのは困る」

というケースはよくあります。

婚姻費用の支払いが長期に及んでくると、“別居の解消”か“離婚”かという

話が相手から出てくる可能性が高くなります。不測の事態に備えて、まずは

心構えだけでもしておくことが大切です。

 

・子どもが大きくなって働けるようになるまでは婚姻費用を払ってもらえる

ようにしっかり取り決めておく。

・婚姻費用の減額に備えて、収入を増やす。

・しばらくは別居を続けて、いずれは離婚したい、と考えているようであれば

離婚に向けた準備を進める。

といったように、自分のできる範囲で対策を立てておくと、いざというとき

慌てずにすみます。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

郵送による執行文の付与の申立てが可能に

2022年07月26日

離婚する際に子どもの養育費の取り決めをし、公正証書を作成した場合に

おいて、養育費の支払いが滞ると、受け取る側は“強制執行”することが

できます。

強制執行とは、養育費を支払う側の給料等を差し押さえて、養育費に充当

することです。

この強制執行の手続きは自動的に行われるものではなく、お金を受け取る

側が手続きを行う必要があります。

強制執行を行うには、まずは公証役場へ公正証書を持参し、「執行文の

付与の申立て」という手続きを行います。

この「執行文付与の申立て」が令和4年1月から郵送でできるように

なりました。

日本公証人連合会のホームページから申立書をダウンロードし、必要書類を

添付して行います。

郵送での手続きが可能になったことで、たとえば公正証書の作成時には

秋田市に住んでいたけれど、離婚して盛岡市に引っ越した場合でも、

これまでは秋田市の公証役場まで出向かなければならなかったものが

この手間を省くことが出来るようになりました。

非常に便利になりました。

※詳細は日本公証人連合会のホームページに記載されています。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

離婚後の共同親権について

2022年07月21日

法制審議会の家族法制部会は19日、これまでの親権制度を見直す案の

たたき台を示しました。

これまで離婚後の親権は、父母のどちらか一方が持つ「単独親権」制を

採用しており、そのため、子どもの財産管理などが円滑にできる一方で

親権をとれなかった方が子どもを連れ去るという問題もありました。

 

今回のたたき台では

①共同親権と単独親権を選択できる

②現行の単独親権のみとする

という案が提示されています。

 

共同親権のデメリットとしては、妻や子どもが夫からDVや虐待を受けて

いた場合、子どもの安全を確保することが難しくなるといった反対意見が

根強くあります。

ただ海外では、共同親権を採用している国が多く、単独親権では親権を持た

ない側が子どもとの面会交流をスムーズにできないという声も上がっていま

す。

 

※7月21日付秋田魁新報の記事を一部抜粋しております。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

別れを引きずる夫の対処法

2022年07月14日

子どもがいる場合、離婚をしても、元夫と連絡を取るケースは沢山あります。

子どもがまだ幼い場合においては、その面会日について元夫と連絡をとる

必要がありますし、受験や就職、入学式や卒業式といったイベントの際にも

連絡を取り合う機会がたびたび訪れます。

 

離婚後に連絡を取り合っている元ご夫婦のなかに、少数ですが、

“離婚した事実をきちんとのみ込めていない”と見受けられるタイプの男性

がいます。このようなタイプの男性は

・離婚しても以前のように家族ぐるみで交際しようとする

・元妻に頻繁に連絡をしてくる

・「将来俺に何かあったら頼むよ」と言ってくる

・元妻に交際相手がいないかどうかを非常に気にする

といった言動が目立ちます。

 

このタイプの男性は、離婚しても元妻や子どもに固執することが多く

それが原因でトラブルが起こることもありますので、かなりの注意

が必要になります。

 

離婚後1~2年は特に感情を引きずっていることが多く、養育費を払って

いるんだから、と金銭を盾に理不尽な要求をしてくることもあったり、

元妻の家に押しかけてくるようなケースも存在します。

また元妻に交際相手がいることを知ったときや元妻が再婚したことを知った

場合に、逆上してくることもあります。

 

さきほど記載した4つの言動が当てはまるようであれば、元夫への対応

は慎重に行ってください。

 

元夫から連絡が頻繁にきても、養育費や子どもとの面会日といった必要な

連絡以外は返さないようにすることも大切です。

不躾に突っぱねる必要はありませんが、明確に一線を引いておくことは

相手を誤解させないためにも大切なことです。

 

小さい子どもがいる場合の離婚は、“養育費と面会”という接点があるため

別れた夫とどのように距離を取って付き合うのか、とても難しい問題だと

思います。

 

よほどの円満離婚でないかぎりは、基本的には必要最低限のやり取りが

一般的ですし、元夫婦で頻繁に連絡を取り合うことは、どちらかに余計な

誤解を招くきっかけを与えてしまうかもしれません。

離婚後に分かれた相手に執着してしまうことは決して良いこととは言えませ

んから、その場合はしっかり対処していくことが求められます。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

夫の浮気から夫婦関係の修復まで

2022年06月27日

離婚相談や離婚原因のお悩みで1番多く挙げられるのは、夫の浮気です。

現在浮気しているケース、過去に浮気していたケース、いずれも妻に

とってはショックが大きく、ひどく傷つけられます。

 

心の傷は浮気発覚直後だけでなく、将来にわたってずっと残り続けます。

個人差はかなりありますが、完全に消えることはありません。

 

夫としては

「謝ったんだから、いつまでも根に持たなくていいだろ」

「昔のことだから、いい加減水に流してほしい」

と思うかもしれませんが、その謝罪の仕方ひとつとっても、妻にとっては

許せるか許せないかを判断する大事なポイントです。

 

妻への謝罪は、何よりも“心からの謝罪であるかどうか”が大切です。

一時的な、その場しのぎの謝罪はすぐにそれと分かります。

きちんと謝罪したうえで、言葉だけでなく、日頃の態度も改めないと

10年後20年後に妻から離婚を宣告されてしまうかもしれません。

多くの男性が、浮気発覚後に謝罪すればそれですべて水に流されると

思ってる節がありますが、大きな間違いです。

 

浮気発覚後の対処方法というのは夫婦それぞれです。

しかしいずれの場合も夫婦関係の修復を望むならば、心からの謝罪に

加え、それまでの言動を省みることが必要です。

そしてそれは早い段階で行うべきです。

謝罪すらしない夫に比べて、きちんとした謝罪が早い段階である場合は

妻は前を向きやすくなります。それは当然ながら今後の夫婦関係の修復に

もつながってきます。

 

「夫が浮気した=離婚」とは容易にいきません。精神的・心理的な問題や

経済的な不安がある場合は、妻が離婚を望んだとしても簡単には踏み切れ

ません。

離婚を選択しない場合は、夫婦関係の修復改善をしていかなければいけま

せん。夫との関係を割り切って、気持ちを切り替えることができる女性も

いますが、もし夫婦関係に修復の余地があるのなら、時間がかかってでも

するべきだと思います。

修復のやり方は、それぞれ夫婦の形がありますから、これといった正解は

ないと思います。

ただ、「相手の話をよく聞く」「思いやりを持って接する」「食事を作る」

「優しく声かけする」といった基本的なことでも、積み重ねれば変わって

くるかもしれません。

“自分がされて嬉しいことは何か”を基準に行動してみると変化が目に見えて

くるかもしれません。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

義理の親との同居

2022年06月20日

結婚して夫の実家で暮らすことになった場合、一番問題となるのは

義理の親との“価値観の相違”です。

義理の親とは年齢も離れているため、ジェネレーションギャップという側面

も大きく影響します。

生活の些細なことに始まり、子どもの教育方針に至るまで、その考え方は

家族といえども一様ではありません。

 

特に衝突しやすい問題が「子育て」に関してです。

義理の親が息子夫婦の子育てに干渉してくるようになると、苦痛に感じて

しまう方がほとんどだと思います。

 

義理の親からすると「子育てがゆるくて見ていられない」「もっとしっか

りしつけてほしい」と欠点ばかりに目がいってしまいがちです。

子どものため孫のためによかれと思っての口出しなのですが、それをあり

がたいと受け取る女性はほとんどいないのが現実です。

 

たまに注意される程度であれば、聞き入れることも受け流すこともできま

すが、それが日常的になると、息子夫婦(特に妻)は疲弊してしまいます。

義理の親にしっかり言い返せるようであればまだしも、多くの女性は言わ

れたことをそのままのみ込んでしまいがちですから、相当なストレスを溜

め込んでしまいます。

 

極力ストレスを減らして同居を続けていくためには、義理の親と息子夫婦

の双方に相当な努力と工夫が必要になります。

ただ義理の親が高齢の場合、いまからこうしろああしろと言っても、生活

様式をすぐに変えることは不可能ですから、息子夫婦の方が譲歩しなけれ

ばならない場面の方が多々あることでしょう。

 

その方法の一つとして「外出する」ことです。

いまは共働きが増え、妻も日中は働いていることが多く、義理の親と顔を

会わせる時間が少ないとその分衝突も避けられます。

お休みの日も息苦しさを感じるようであれば、外出して気を紛らわすこと

が必要になります。

 

二つ目は「生活リズムを変える」ことです。

食事やお風呂の時間をずらして、義理の親と重ならないようにすることで

少しはストレス緩和につながります。

 

そして三つ目は義理の親に「期待しないこと」です。

義理の親との同居の場合、こちらに気を遣ってくれることはあっても、

息子夫婦が望むように動いてくれることはほとんどありません。

「お義父さんがもっと変わってくれたら」「お義母さんがもう少し優し

くしてくれたら」という希望はなかなか叶いません。

最初からそういうもんだと努めて思うようにした方が気が楽です。

 

衝突を避けて、お互いに少しでも暮らしやすい生活を創り上げて

いくことが、同居を継続するうえでの心構えとなります。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
New Entries
Categories
Archives
Others