離婚に対する慰謝料の是非

2019年02月18日

明日19日に、離婚に関する訴訟の大きな転機となるかもしれない判決が

下されます。

 

原告は男性で、2015年に妻と離婚。

その4年前までに妻と不倫関係にあった男性を提訴しました。

その理由は「不倫が原因で離婚した」というものです。

 

一般的に慰謝料で多いのは、配偶者の不貞行為が発覚し、その相手側に

慰謝料を請求する、という形です。

つまり、不貞行為をされた側が被った精神的苦痛に対して、慰謝料が

支払われるという「不貞慰謝料」というものです。

ただ、この「不貞慰謝料」に関しては時効があり、配偶者の不貞行為を

知ってから3年間、慰謝料請求をしなかった場合は請求権が消滅します。

 

今回の裁判で問題になったのは、原告の男性が妻の不貞行為を知ってから

3年以上経過していたことです。

そのため、妻の不倫相手の男性は「時効により、もう慰謝料請求権は

消滅している」と反論しました。

 

1審と2審では、原告男性の訴えが認められ、不倫相手の男性に慰謝料の

支払いが命じられました。

「妻の不貞行為の発覚をきっかけに婚姻関係が悪化し、離婚に至った」もの

と判断されました。

不倫相手の主張する慰謝料の時効に関しては、「不貞行為により離婚を

余儀なくされて精神的苦痛を被ったと主張する場合、損害は離婚成立時に

初めて分かる」という理由が述べられました。

 

つまり、1審、2審の判断では今回のケースは「不貞慰謝料」ではなく

「離婚慰謝料」として、不倫相手に支払いを命じた形となりました。

 

不倫相手はこの判決に反発し、「不倫があったとしても結婚生活が破綻するか

どうかは夫婦によって異なる。第三者に慰謝料請求するのは相当ではない」と

最高裁に上告しました。

このまま原告男性の主張が認められれば、浮気や不倫が横行している今の

世の中に一石を投じることになりそうですね。

そしていよいよ明日、最高裁の判決が下されます。

 

※毎日新聞より抜粋しております。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

面会交流の上手な取り決め方

2019年02月13日

離婚する際の取り決め事項の一つに「面会交流」というものがあります。

面会交流とは、離婚後に親権者(監護者)でない方の親が子どもに会う

権利のことを言います。

 

この面会交流に関しての取り決めは

○【頻度】面会交流は月に1度とする

○【連絡方法】子どもと面会交流する際は、事前に夫から妻に連絡をする

○【その他】子どもの宿泊を含めるかどうか

などというように、あらかじめ夫婦間でルールを決めておきます。

 

運動会や学芸会、授業参観などといった学校行事に関しても

親権者でない方が勝手に参加することで、トラブルに発展する怖れがある

ような場合は、事前に話し合って決めておいた方がいいと思います。

 

ここで何よりも大切なのは、子どもの気持ちに最大限配慮することです。

面会の仕方によっては、子どもに動揺を与えたり、精神的不安を招くこと

にもつながりますから、子どもの気持ちに寄り添うことを最優先に

考えます。

 

そのため、たとえば

■子どもや監護者に暴力をふるう

■相手方に執拗に金の無心をする

■支払能力があるにもかかわらず、養育費を支払わない

■子どもが会いたがらない

などといった事情がある場合は、面会が制限されることもあり得ます。

 

こういった状況にならないように、あらかじめ離婚時に面会交流に関して

しっかり話し合っておくことが重要です。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

子どもの教育費の取り決めについて

2019年01月29日

離婚時の取り決めで、一番重要な項目が“養育費”であることは以前にも

ブログでお伝えしましたが、子どもに関するお金の取り決めは養育費だけ

では十分ではありません。

 

養育費にプラスして、子どもの成長に伴って特別にかかる費用についても

取り決めておくことが必要です。

 

この特別の費用は、具体的に大きく2つに分けることができます。

1つ目は、高校・大学進学に伴う入学金、授業料などといった教育費

2つ目は、万が一、病気やけがで入院した際の医療費

といった具合です。

 

上記の費用も、あらかじめ話し合って、毎月の養育費に加算しているケースは

別ですが、こういった特別な費用は一度に捻出するにはかなり大きな金額に

なります。

そのため離婚時に取り決めないで、いざ子どもの進学で大きな額が必要に

なった際に、突然相手にお金を請求しても、なかなかすぐに用意できず

(または支払う気が全くない)困ってしまうというケースも実際に存在

します。

こういった事態を防ぐためにも、あらかじめしっかり取り決めておく

ことをお勧めします。

 

ただ、こういった特別の費用というのは将来発生するものなので、

離婚する時点ではなかなか金額を設定しづらいという性質があります。

 

離婚する時点で子どもがまだ小学生の場合、将来大学に進学するのかどうか

分かるはずもありません。

両親が大卒で子どもは絶対に大学へ進学させるという考えを持っていれば

確率はより高まりますが、それにしても、文系か理系かでかかる学費も大きく

違ってきます。

 

ではどう取り決めたらよいのか。

 

それはそれぞれのご夫婦によって十人十色ですが、一番わかりやすいのは

「将来子どもが進学するときに、話し合って取り決める」というやり方

になります。

ただこれだと、子どもを引き取る妻にとってはあまりに漠然としており

不安だという方は、「入学金・授業料は夫が負担する」と先んじて

取り決めることも可能です。

もちろん夫の同意が必要になりますが。

 

このように、子どもにかかる特別の費用に関しては、取り決め方もさまざま

ですから、ご夫婦に合った形で設定して頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

養育費に対する夫の意識

2019年01月16日

離婚において夫婦間でさまざまな取り決めを行いますが、中でもとりわけ

重要なのが“養育費”についての取り決めです。

養育費は取り決め事項の中でも特に、取り決め内容が細かくなっており、また

支払期間も長期に及ぶことから、その決定には神経を非常に使います。

 

そして取り決め以前の話として、夫の養育費に対する考え方という問題が

あります。

たとえば、、、

①養育費をしっかり支払って父親の役目を果たそうと考える人

②一般的な金額ならば養育費の支払いは続けていこうと考える人

③養育費は少しでも金額を抑えたいと考える人

④養育費は出来る限り支払いたくないと考える人

本当にさまざまな考え方の人がいます。

 

①②のように、養育費に対する意識の高い人は、話し合いがまとまりやすい

傾向にありますし、支払いが滞る心配もほとんどありません。

しかし③④のようになると、金額の交渉が難航したり、そもそも養育費の

取り決め自体が出来なくなるような事態に陥ることも想定できます。

「養育費は絶対に支払わない」と言ってくる夫も珍しくはありません。

 

養育費の取り決めは、支払い期間や金額、支払い方法など、細かく設定

していく必要がありますから、骨の折れる作業です。人によっては

途中で何度も交渉がストップしてしまうことも多々あります。

しかし、離婚後の生活のためにも、何よりお子さんの将来のためにも

どれだけ交渉が難航しても、養育費の取り決めはしっかり行ってください。

 

養育費の取り決めに関しては、相手との話し合いの進め方において

あれこれ工夫が必要なケースがあります。

私がこれまで見てきたケースには、

「養育費を支払わない」と言っていた夫が最終的には算定表通りの額を

約束してくれたり、妻の粘り強い交渉により養育費の額が上がったという人

も沢山います。

養育費の話し合いは後悔しないよう、粘り強く、またときに専門家の意見も

参考にしながら、書面に残すところでまでたどり着いてほしいと思います。

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

本年度を振り返る

2018年12月26日

今年も残すところあとわずかとなりました。

今年は、金足農業高校の甲子園準優勝や秋田犬の世界的な人気など

県内明るいニュースが多い一年でした。

とくに金足農業高校の球児たちの奮闘ぶりは、世代を超えて、地域を超えて

日本中に感動の嵐を巻き起こしました。

私もここまで真剣に野球の試合を観戦したのは、人生初でした。

 

さて話は変わりますが、離婚に関して、今年すごく感じたことは

一言で表すと「理由のない離婚」が多かった ように思いました。

これまでは夫の不貞行為による離婚が目立って多くありました。

今年は、いわゆる「不貞行為があった」「借金癖がある」「DVやモラハラ

がある」といった、明確な離婚原因となる言動はないのだけれども、

離婚を決断するといったお話を聞く機会が多くありました。

 

夫婦によって離婚理由はさまざまですが、やはり時代によって少しずつ

夫婦のあり方や離婚原因、離婚に至るまでの道のりも変わっていくのだなと

強く感じる一年でした。

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

モラハラ夫とモラハラ妻

2018年12月20日

夫婦の離婚理由として、最近特によく耳にするのが“モラハラ”です。

DVというのが肉体的暴力を指すのに対して、モラハラは精神的暴力を

意味します。

相手に対しての暴言・侮辱・無視・人格否定などがこれに該当します。

 

夫婦間で口論になると、どうしても行き過ぎてしまい、売り言葉に買い言葉

で、心では思ってもないようなことでも口に出てしまうことがあります。

夫婦だと長年連れ添っているため、相手のウィークポイント(嫌がる言葉

や傷つく言葉)を熟知しており、口論の場でつい出してしまうことが

多々あります。

 

それが度を超えると“モラハラ”につながります。

モラハラが続くと、

〇相手が帰宅する時間になると、緊張して動悸がする

〇同じ部屋にいると吐き気がする

などと、体に症状が出てきてしまうケースもあります。

 

女性の場合、旦那さんから毎日のようにモラハラを受けてしまうと、

精神的にかなりまいってしまいます。

我慢を続けるといざというときに冷静な判断が出来なくなってしまい

ますから、注意が必要です。

 

このモラハラ、男性がするものという認識が強いですが、最近では

女性が旦那さんに対してモラハラをする、というケースも存在します。

 

育児・家事で目一杯になり、旦那さんに対してきつい態度で接してしまう。

わめきちらす、物を投げる、子どもに八つ当たりする、旦那さんの物を

壊す、、、などよく聞きます。

 

最近は優しくて物静かな男性が増えましたから、妻がカーッとなって

わめき散らしても、反論せずに受け入れる。

しかし、旦那さん自身も仕事でストレスが溜まっているため、妻のヒステリー

が続くと、許容量オーバーで精神的にまいってしまう、といった昔では

考えられなかったケースが現実に起こっています。

 

何でもひとくくりにモラハラという枠にはめてしまうのはどうかと思いますが

上記に当てはまるような場合は、一度立ち止まって、相談をしてみることを

お勧めします。

 

誰かに話を聞いてもらい、夫婦関係を俯瞰してみることで、良い方向に

変わることも期待できます。

今やモラハラも深刻な社会問題です。一人で抱え込まず、専門家に

相談してみてください。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

実家に依存する妻

2018年12月07日

ここ最近は、子どもの出産後すぐに職場復帰する女性が増え、離婚や家庭の

お悩みを相談しにくる女性のほとんどがワーキングマザーです。

育児に家事に仕事と、毎日めいっぱい頑張って、疲労困憊になってしまった

とき、近くに実家があると、本当にありがたいものです。

 

特に妻の実家が近くにあると、子どもの送り迎えから、日々の食事、買い物

など、物理的・経済的にサポートしてくれる親の存在は、働く女性の心強い

味方です。

 

しかしながら、実家の存在が大きくなればなるほど、親から受ける影響も

大きいため、つい自分の家庭より実家を優先してしまう場合があります。

夫の意見より親の意見を優先したり、お休みの日に夫そっちのけで実家に

遊びに行ってしまうと、夫は「自分は大事にされていない」「妻は自分より

親を優先している」などと夫婦間に溝が出来てしまい、関係性がこじれて

しまうことがよくあります。

 

育児と仕事を両立するために、実家の手を借りることは決して悪いことでは

ありません。ただ、度が過ぎると、夫婦間の意思疎通がおろそかになって

しまうことにもつながりますから、注意は必要です。

 

夫が妻の実家を嫌がっているのに頻繁に実家に通い続けたり、

実家で親に夫の悪口を沢山話したりすると、「親VS夫」という構図が

出来てしまいます。

そうなってしまうと、本当に助けが必要なときに頼めなくなったり

気持ちよく実家に行けなくなったりしてしまいます。

 

あくまで自分の家庭が最優先であること、夫の意見に耳を傾けること、

そして何よりも、実家に行くことを夫に理解してもらうことが大切です。

「実家のことだから夫はわかってくれているだろう」と高をくくらずに

言葉を費やし、理解を求めていく小さな努力を欠かさずに行っていくこと

が家庭円満のヒントだと思います。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

夫の浮気を発見したら・・・

2018年12月04日

「夫の浮気」は離婚原因のトップに挙げられますが、妻からすると本当に

夫の浮気を発見したときにどう対処したらいいのか、頭の痛くなる問題です。

 

①すぐに夫を追及し、夫が謝罪するまで責め続けるケース

②しばらく泳がせて夫の様子を見るケース

③夫の浮気には目をつぶるケース

など、人によって対処法はさまざまです。

 

どう対処するのが正解なのかは、家庭生活を今後どう構築していきたいのか

によって変わってきます。

またこれに加えて、夫の性格や浮気の本気度も重要です。

実際に、夫の性格などを熟知したうえで、夫の浮気発覚にうまく対応した

ケースがあります。

 

ある女性Aさんは、数年前から夫の職場不倫に気付いていました。

Aさんは上記の②(しばらく泳がせて様子を見る)を選択し、不倫の証拠だけは

しっかり自身で管理し、極力態度に出さないよう努めて、夫に対し明るく優しく

接し続けました。

その理由として、Aさんは次の3つを挙げていました。

〇子どもが小さいこともあり、離婚する気はない

〇自分自身も夫に対してきつい態度で接してきたことを反省している

〇夫の不倫が始まる前から、家庭内の空気が悪くなり始めていた

 

Aさんは、夫の浮気発覚という家庭の緊急事態においても、冷静に俯瞰して

夫婦のあり方を考えていました。

ここでAさんがすごかった点は2つ。

一つは、夫の浮気を夫だけの非とせず、自分自身の努力が欠如していたと

反省していたこと。そしてそれを家庭生活の改善につなげたこと。

もう一つは、証拠集めにおいて相手の女性の情報を収集し、いざとなったら

きちんと話し合える下準備はしてあった。にもかかわらず、夫の性格なら

家庭を壊すまではしないだろうと考え、相手の女性には一度も連絡を取って

いないということ。

 

結果、Aさんの努力の甲斐あってか、夫は以前より家庭を大切にするようになり

現在は浮気している素振りは見受けられないとのことでした。

 

夫の浮気発覚後に、Aさんのように振る舞うことは実に難しいことです。

Aさんにとっては「離婚しない」ということ、そして夫の浮気によって家族

の仲が壊れることだけは絶対に避けたい、ということを第一に考え、

常に家庭内の雰囲気を大切にしながら、自分の怒りの気持ちを抑え込んで

努力していました。なかなか容易にできることではありません。

 

その覚悟がご主人に伝わったのか分かりませんが、一時期はかなり

ギスギスしていた家庭の空気が、今ではもうなくなったそうです。

 

妻が努力したからといって、それが必ずしも夫に受け入れられるとは

限りませんが、離婚しないという選択をしたからには、壊れてしまった夫婦

関係を修復できるように努力していかなければなりません。

Aさんのように日々の努力によって関係を修復することができたケースも

沢山あります。

 

~夫婦修復相談のご案内~

当事務所では離婚相談の実績をもとに、離婚をしたくない女性のための

“夫婦関係修復相談”を行っております。

夫婦関係にお悩みの方は、一度ご相談ください。

お申込みは、ホームページのお問い合わせフォームからお申込み下さい。

料金は1時間3000円になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

嫁姑問題、夫の態度が大切です

2018年11月27日

嫁姑問題、どこの家庭でも大なり小なり抱えている問題だと思います。

「うちは嫁姑関係がとても良好で、お互いに何も不満はありません」という

ご家庭には滅多に出会うことはできません。

 

この嫁姑問題が引き金となって離婚に至るケースもざらにあります。

嫁姑問題が起きたときにカギになるのは「夫の振る舞い方」です。

 

母親の肩を持てば、妻を怒らせてしまうし、、、

妻の肩を持てば、母親はいい顔をしない、、、

かといってどっちつかずの態度をとっていても事態は一向に良くならない。

 

この嫁姑問題の解決には夫の理解と協力が不可欠になります。

あくまで一般論ですが、離婚を回避したいのであれば、母親より妻を優先

した方が家庭は丸く収まります。

普通に考えて、妻より母親を優先すると、家庭が不和に向かっていってしまう

ことは火を見るより明らかです。

 

また嫁姑問題を改善させるには、2つの側面からの夫の努力が必要になります。

まずは物理的な面での努力です。

たとえば同居生活がうまくいっていないようならば、引っ越しを考えるとか

部屋のリフォームを考えるといった、具体的な解決策を提示することです。

それに加えて精神的な面での努力も大切です。

「いつもお袋のことで苦労をかけるな」「よくやってくれている、ありがとう」

といった労いの言葉をかけてあげることで、妻に「また頑張ろう」と思って

もらえるようにすることが大きな一歩になります。

 

人によっては妻には「いつもありがとう。困ったことがあったら一緒に

解決していこう」という優しい態度で接する一方で、母親には「うちのが

いつも迷惑かけて悪いね、でもお袋なら分かってくれるだろう」と上手に

2つの顔を使い分けているケースもあります。

お互いがぶつからずに気持ち良く生活できるようであれば、お互いの顔を

立てることも大事なことです。

 

一番悪いのは、何もしないでほったらかしにしておくことです。

妻の悩みに寄り添わず、母親の苦しみも棚に上げておくような夫では

嫁姑問題は改善のしようがありません。

 

嫁姑問題は“解決”というゴールにたどり着くことは非常に難しいとは

思いますが、少しでも“改善”できるよう、間に立つ夫の立ち振る舞い

が大きなカギになること、覚えておいて頂けたらと思います。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

養育費の減額について

2018年11月09日

離婚の取り決めの中でも最も重要視されるのが、子どもの養育費です。

昔に比べて、今では「養育費」という言葉も定着しており、養育費のことを

全く知らないという方は皆無といっていいと思います。

 

最近では離婚時に養育費について、しっかり取り決めるご夫婦が増えて

きており、お子さんのためにも良い傾向にあると思います。

 

ただこの養育費ですが、一度取り決めた金額が将来減額される、という

こともあり得ます。

最初に取り決めた養育費は絶対的なものではなく、お互いの事情の変化に

より、減額が認められることがあります。

 

養育費を支払う側が「養育費を減額してくれ」と相手に頼み、スムーズに

承諾されれば特に問題はありませんが、相手が応じないときに減額して

もらうには、それなりのしっかりとした理由が必要になります。

 

たとえば

○養育費を取り決めたときから収入が大幅に減った

○再婚して子どもが出来た

といった理由です。

 

一つの基準として「取り決めをした時点では、当事者が予測できなかった

ような事情の変更があった場合に限り、減額を請求できる」といわれています。

 

養育費を取り決めると、どうしても絶対的なものと思ってしまいがちですが

相手の状況によっては、減額ということもあり得るんだということは

事前に頭に入れておいて頂きたい知識です。

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
New Entries
Categories
Archives
Others