養育費不払いに過料

2019年10月17日

離婚した相手から養育費を受け取れないひとり親家庭を救済するため

兵庫県明石市が、支払いに応じない相手に行政罰である過料を科す条例を

制定する方針を決定しました。

養育費の不払いで過料を設けるのは全国でも初の取り組み。

相手側の氏名公表も検討しており、早くて来年4月からの開始を目指して

いるそうです。

 

ただ、すべてのひとり親が対象というわけではなく、公正証書などで

養育費の額が確定しており、支払い能力があるのに滞納している離婚相手に

対して過料を科すことになっています。

(過料の金額は調整中とのこと。)

 

ひとり親家庭にとっては、本当にありがたい制度です。

現状、離婚した相手から養育費を毎月受け取っている女性は2割程度と

いわれていますから、行政が動いてくれることでこの現状を打破する

ことが今後可能になってきます。

 

しかし、ここで注意して頂きたいことは、この制度はあくまでも離婚時に

養育費の取り決めをしっかり行っていることが絶対条件になることです。

養育費の取り決めを書面に残しておらず、口約束だけの場合は、その後

養育費の滞納があっても、行政が対応するのは極めて困難です。

 

養育費の取り決めは書面に残す、毎回セミナーで口をすっぱくして

お伝えしていることですが、こういった制度が開始されるようになれば、

今後よりいっそう徹底してもらえたら、養育費の不払いが少なくなると

思います。

 ※秋田魁新報の記事を抜粋しております。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

夫の長年の浮気

2019年10月02日

夫の浮気、なかでも長期に渡る浮気、人によっては、婚姻期間の半分以上

浮気されていた、なんてケースもあります。

長期にわたる浮気の場合は、その多くが妻にはばれています。

日々の生活を最優先に考え、子どもの配慮した結果、言葉に出さないだけで

多くの妻は夫の浮気に気付いています。

そのような家庭はごまんと存在します。

 

この長年の浮気は、表沙汰になった場合が大変です。

当然のことですが、夫が謝罪したところで、そうたやすく許すことは

できません。

 

今までは表沙汰になってなかったからよかったものの、問題が表面化

してしまうと、修復するのも難しくなってきます。

その結果、夫婦間での会話が全くなくなったり、家庭内別居になったり

中には別居することになった夫婦もいます。

 

妻側の立場からすると、それも仕方ないことだと思いますが、夫婦関係の

修復の可能性が少しでもあるならば、夫主導でその努力を行ってもらえたら

と思います。

 

まずは誠心誠意の謝罪、そして、その気持ちを行動に移す、普段の生活態度

を見直すなど、やれる限りのことは全てやって、関係が修復できる方向へ

向かってほしいです。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

長期にわたる夫の浮気

2019年09月27日

毎回離婚原因のトップに挙がる“夫の浮気”ですが、1度や2度の過ちという

ものではなく、10年から20年にも及んで浮気をしていたというケースも

存在します。

婚姻期間の半分以上もの年数、夫に浮気されていたという人もいます。

 

その場合一番大変なのは、夫の長年に及んだ浮気が発覚してしまったとき

です。

 

意外に思えるかもしれませんが、長年の浮気が発覚した場合

多くの男性は長年浮気していたことを正直に話してしまいます。

中には上手に嘘をついてその場をやり過ごす人もいますが、当然ながら

実際は妻にすべて見透かされていることがほとんどです。

 

罪の意識なのか、すべてを吐露して楽になりたいのか、内心は分かりません

が、夫が妻に対して、自身の長年の浮気を包み隠さず話してしまうことは

そう珍しいことではありません。

 

そして問題はこのあとです。

すべてを妻に打ち明けたあと、「離婚してくれ」と言い出す場合と

「浮気相手とは別れる」と謝罪する場合に分かれます。

 

前者の場合、妻からしたら、長年に及ぶ浮気を到底簡単に許すことは

できませんが、かといって相手の要求のまま離婚に応じるのは得策とは

いえません。

夫婦の財産、慰謝料、自宅などすべて夫から分与してもらい、今後の

生活の目処が立つようであれば、離婚を選択しても構わないのかもしれ

ませんが、普通はそう簡単にはいきません。

夫に対する情もありますし、子どものこと、老後のこと、さらに相続のこと

まで考えて、どうするのかを決めていかなければいけません。

怒りに任せて離婚を突き進めてしまってもいいことは何もありません。

 

どうしたらよいのか、自分がどうしたいのか、迷ってしまったときは

一度夫とは少し距離を置いて、冷静に考えることができる環境を整えること

が大切です。

また傷ついた心のケアも含めて、専門家の手を借りるという方法もその

一つだということは頭の片隅に留め置いて頂けたらと思います。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

子どもの離婚と親の関係

2019年09月25日

離婚するにあたって、自分の親または義理の親にどう説明したらいいのか

なかなか言い出せない人もいます。

 

義理の親と円満な関係を築いていた女性は、離婚するにあたり、義理の実家

まで報告しに行った際に、義理の親が非常にショックを受け、泣きつかれて

しまったというようケースもあります。

 

ただ義理の親と良好な関係を保っていた場合、養育費や慰謝料といった

離婚の条件交渉がスムーズに進む傾向にあります。

義理の親が息子に対して、「しっかり払いなさい」とはっぱをかけてくれる

ことが多いからです。妻に味方をしてくれる心強い存在になってくれること

が稀にあります。

 

その一方で、普段から嫁姑問題などを抱え険悪な関係だった場合は

離婚の際にもまったく協力してくれないというケースも沢山あります。

義理の親との関係がうまくいっていない場合は、離婚のことで相談に

行っても、取り合ってくれない、味方してくれないということが

ほとんどです。

基本的には親は子どもの味方ですから仕方のないことでもあります。

こういった場合は、義理の親に頼ることなく、自分で離婚交渉を進めて

いくしかありません。

 

また子どもの離婚に親(義理の親含む)が口を出してくるケースも

あります。

親も子どものことが心配ですから、ある程度は仕方のないことだと

思います。親の意見をよく聞いて、話を進めていくのはとても大切な

ことです。

ただ、親の意見を聞きすぎたせいで、夫婦間の話し合いがまとまらなく

なってしまうようなことがないよう、離婚の話し合いはあくまで夫婦

2人が原則だということに留意してもらえたらと思います。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

単身赴任の夫婦

2019年09月06日

仕事や家庭、子どもの学校の都合上、夫だけが単身赴任をする、という

ご家庭は沢山あります。

家族としては離れ離れの生活が続き、寂しい限りですが、時間がたてば

その生活にも順応してきます。

順応どころか、夫のいない生活の方が案外ラクチンだと思ってしまう妻も

少なくありません。

 

「夫の食事を用意しなくていいから負担が減った」

「夫に気を使わなくていいから過ごしやすい」

「夫と子どもの喧嘩がなくなったから精神的に楽になった」

なんていう話はよく耳にします。

 

久々に夫が単身赴任から戻ると、夫そっちのけで妻と子どもが楽しそうに会話

している。話についていけない。話に入れない・・・という状況になっている。

 

夫の単身赴任をきっかけに家庭に不和が生じることは決して珍しいことでは

ないんです。

 

お互い離れて暮らすうちにその生活に慣れ、相手に気を使わない分、精神的には

とても楽になります。

たまに顔を合わせるとそれまでの生活リズムが崩れるので、ささいなことでも

すぐ喧嘩の火種になってしまいます。

 

こういったことを防ぐためにはとにかく迎える側が“温かく”接することが

大切になります。

夫は

「俺は家族のために一人で頑張って働いている」

「単身赴任は自分が好きでやっているんじゃない」

「家に戻ったときは優しく出迎えてほしい」

と思っています。普段家族と接していない分、家に戻ったときはこういった

気持ちが強くなっていますから、妻としては意識的に温かく迎えることが

必要になります。

 

加えて子どもにも「お父さんが久しぶりに帰ってくるから、労ってあげてね」

と添えておくことも肝心です。

 

単身赴任中でも家族が円満に過ごせるよう、迎える側には配慮が必要だと

いうこと、少し頑張ってもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚夫婦の食い違い

2019年09月02日

離婚する夫婦にはさまざまなタイプがあります。

一気呵成にダッーと離婚を押し進めていく夫婦、

意見が衝突し、なかなか話し合いが進まない夫婦、

一方は離婚に対して積極的なのに他方は消極的な夫婦

といったように、本当にいろいろです。

 

またお互いに離婚に合意し、条件面も話し終えたはずなのに

なぜか後になってから食い違いが出てくるようなケースもあります。

 

私が過去取り扱った案件の中にも“食い違い”が生じている夫婦が

沢山いらっしゃいました。

 

たとえば

「子どもの大学の入学金は夫が負担することになりました」と妻が

話していたものの、後になって夫から「子どもの入学金に関しては

将来協議で決めることになっているんです」という連絡が入る。

 

たとえば

離婚に際し、離婚手続きに必要なお金は夫婦で折半する約束だったが

結果的に夫がすべて負担することになった。

 

他にも

子どもと夫の面会は月に1回と妻が言っていたが、夫は月に最低1回と

いう意味で捉え、回数制限なく自由に会えると思っていた。

 

といったように、当初夫婦で取り決めていたことが、途中からズレてきて

しまうといったことが離婚に関してはよく起こります。

このようなタイプの多くは、双方離婚自体には合意しているため

食い違いが起きても離婚を取りやめることにはなりませんが、

離婚協議書や公正証書を作成する上では、細かな問題が生じてしまうので

できることならこういった食い違いは避けたいものです。

 

特に女性に言えることですが、離婚が決まると、条件面に関して

夫の真意を汲み取らず、自分のペースで話を進めていってしまい

詰めの段階がきて、そこで初めて、夫と考え方が食い違っていることに

気が付くことが多いようです。

 

離婚にはときに勢いも大切ですが、夫と条件面のすり合わせというのは

絶対に欠かせません。

離婚協議書や公正証書の作成においては、夫婦が取り決め事項に関して

共通の認識でいることが何よりも重要になります。

条件面の話し合いは慎重に相手の意思を確認しながら進めて下さい。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

嫁VS姑、関係改善は夫次第

2019年08月06日

嫁姑問題、どこの家庭でも大なり小なり抱えている問題だと思います。

「うちは嫁姑関係がとても良好で、お互いに何も不満はありません」なんて

いうご家庭にはなかなか出会う機会は少ないです。

 

この嫁姑問題が引き金となって離婚に至るケースもざらにあります。

嫁姑問題が起きたときにカギになるのは「夫の振る舞い方」です。

 

母親の肩を持てば、妻を怒らせてしまうし、、、

妻の肩を持てば、母親はいい顔をしない、、、

かといってどっちつかずの態度をとっていても事態は一向に良くならない。

 

この嫁姑問題の解決には夫の理解と協力が不可欠になります。

あくまで一般論ですが、離婚を回避したいのであれば、母親より妻を優先

した方が家庭は丸く収まります。

普通に考えて、妻より母親を優先すると、家庭が不和に向かっていってしまう

ことは火を見るより明らかです。

 

また嫁姑問題を改善させるには、2つの側面からの夫の努力が必要になります。

まずは物理的な面での努力です。

たとえば同居生活がうまくいっていないようならば、引っ越しを考えるとか

部屋のリフォームを考えるといった、具体的な解決策を提示することです。

それに加えて精神的な面での努力も大切です。

「いつもお袋のことで苦労をかけるな」「よくやってくれている、ありがとう」

といった労いの言葉をかけてあげることで、妻に「また頑張ろう」と思って

もらえるようにすることが大きな一歩になります。

 

人によっては妻には「いつもありがとう。困ったことがあったら一緒に

解決していこう」という優しい態度で接する一方で、母親には「うちのが

いつも迷惑かけて悪いね、でもお袋なら分かってくれるだろう」と上手に

2つの顔を使い分けているケースもあります。

お互いがぶつからずに気持ち良く生活できるようであれば、お互いの顔を

立てることも大事なことです。

 

一番だめなのは、何もしないでほったらかしにしておくことです。

妻の悩みに寄り添わず、母親の苦しみも棚に上げておくような夫では

嫁姑問題は改善しようがありません。

 

嫁姑問題は“解決”というゴールにたどり着くことは非常に難しいとは

思いますが、少しでも“改善”できるよう、間に立つ夫の立ち振る舞い

が大きなカギになること、覚えて頂けたらと思います。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

別居をやめるタイミング

2019年07月29日

さまざまな理由で別居をしている夫婦は少なくありません。

(単身赴任は除く)

◎夫婦間で喧嘩が絶えないため、一時的に距離を置くため

◎夫婦喧嘩をして、妻(夫)が実家に戻ったため

◎夫の家族と同居していたが、折り合いが悪くなったため

◎夫と子どもの仲が非常に険悪なため

◎離婚を見据えているため

など、本当に各ご家庭によって理由はさまざまです。

 

別居することによって、事態が軟化したり、良い方向へむかうようで

あればいいのですが、なかなかそううまくいかないことの方が多いように

見受けられます。

 

確かに距離を置くことにより、お互いが頭を冷やすことでき、冷静に

物を考える余裕が出てきます。一緒にいると衝突ばかりしてしまうようで

あれば、一時的に離れることが効果的だったりもします。

離れたことで、存在のありがたみを再認識するこもあります。

 

難しいのは“別居をやめるタイミング”です。

別居期間が長くなればなるほど、別居生活が当たり前になり、元の生活に

戻ることが億劫になってきます。

特に子どもも連れて別居している場合は顕著です。

 

問題があって別居に至ったわけなので、別居生活の方がお互いにとって

気持ちが楽です。

そのうちに「このままでもいいかも」と思い始め、意味もなくズルズルと

別居を続けてしまうケースも多々あります。

 

離婚するという選択肢がないのであれば、やはり最終的には同居生活に

戻らなければならなくなってきます。

夫婦間の問題が解消し、別居する必要性がなくなっても別居を続けて

いると、離婚の方へと流れが傾いてしまうことも実際にあります。

別居期間が長くなると、親や親せきといった周囲の人たちも離婚を勧めて

きたりもします。

 

下手に別居期間が長くなるということは、こういったリスクも抱えて

います。

夫婦間の問題はケースバイケースではありますが、離婚をする気が

ないようであれば、時期をみて再び同居できるよう歩み寄ることを

検討することも大切だと思います。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

お盆の帰省は夫婦喧嘩のもと!?

2019年07月26日

今年のお盆休みは人によっては9連休になります。

お盆といえば、多くのご家庭が孫の顔を見せに配偶者の実家に帰省して

賑やかに過ごすというイメージがありますが、実はお盆休みは夫婦喧嘩が

起こりやすい時期でもあります。

 

その要因の一つとして、子どもの長期夏休みがあります。

働く母親にとっては、一日中家に子どもがいることで普段のペースが乱れ

どうしてもイライラ不機嫌になってしまう日が増えます。

 

そしてもう一つ、夫の実家に帰省しなければならないということ。

お墓参りは当然のこと、義理の親に孫の顔を見せなけばなりません。

妻として、それは十分わかっているのだけれど、夫の顔を見ると

どうしても夫の実家を非難してしまう言葉が出てしまうという人は

少なくありません。

 

夫の実家に行く前から既に不機嫌オーラをまき散らしてしまったり、

夫の実家から戻った途端に、実家の悪口を吐き出してしまったりと

夫婦喧嘩が起こりやすい要素がお盆休みにはあちこちに散らばっているの

です。

 

これはもう毎年恒例のことで、どこの家庭でも聞く話であり、仕方のない

ことなのですが、出来る限り喧嘩を避けて、円満にお盆休みを終えたい

ものです。

これといった解決方法はありませんが、やはり多少の我慢というのは

どうしても必要です。

実家に帰省することはメリットも沢山あります。

◎子どもたちは祖父母に会えるのを楽しみにしている

◎夫も実家に帰省して休息できる

◎義理の親は息子と孫に会えて嬉しい

しかしその一方で、妻はあちこち気配りしなくてはならないので大変です。

ただそういった役回りをする妻がいるからこそ、周りは円滑に人間関係を

築けていけます。それを自覚すれば、多少の我慢もできるのではないかと

思います。

 

近年は男女平等の風が家庭内にも吹いてますから、昔と違って、お盆に

夫の実家ではなく、妻の実家に帰省するなんてご家庭も多いと思います。

その場合だと今度は夫の方が気疲れしますから、妻はそのフォローを

欠かさないことが大切です。

 

今年のお盆休みは猛暑になりそうです。家庭内も夫婦喧嘩でヒートアップ

しないよう、今から心がけたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

夫婦喧嘩の後始末

2019年07月23日

結婚しても、自分の実家が通える距離にあると、自然と親に会う頻度は

増えていきます。

特に妻の実家が近くにあると、その傾向が顕著になります。

母親におかずをおすそ分けしてもらったり、母親に育児を代わってもらったり

母娘揃って休日にお出かけしたりと、家族ぐるみの付き合いが当たり前に

なっていきます。

母と娘の仲が良く、家の距離も近い場合は、夫婦喧嘩したときに実家に

戻ってしまうなんて人も少なくありません。

 

 夫婦喧嘩したあとに実家に戻ると、どうしても夫を非難する言葉を

親に聞かせることになってしまいます。

夫婦喧嘩は双方に言い分があり、どちらが悪いとは言い切れないものですが

親の前ではどうしても自分が被害者だと誇張して話してしまいます。

そして親は、娘可愛さで何でも真に受けてしまいがちです。

 

それが数回繰り返されると、単なる夫婦喧嘩が「娘=可哀想、婿=悪者」

という図式になってしまいます。

事態がどんどん悪い方、悪い方へ動き出してしまいます。

 

夫婦喧嘩をしても、距離が遠ければ実家には戻れません。自分たちで

何とか仲直りするしかありません。

たいがいの夫婦喧嘩は時間を置けば、ほとぼりが冷めることが多いです

から、実家に戻るなどして親を巻き込まない方が賢明です。

 

もちろん、実家と上手に付き合うことはとてもいいことです。

困ったときに、お互いに支え合ったり助け合ったりできる距離にいる

メリットは計り知れないと思います。

 

ただ、実家の存在が大きくなればなるほど、親から受ける影響も

大きくなるため、つい自分の家庭より実家を優先してしまう場合があります。

夫の意見より親の意見を優先したり、お休みの日に夫そっちのけで実家に

遊びに行ってしまうと、夫は「自分は大事にされていない」「妻は自分より

親を優先している」などと夫婦間に溝が出来てしまい、関係性がこじれて

しまうことがよくあります。

 

夫婦の問題は 基本的には2人で解決していくものです。

親兄弟を巻き込むと、事態がどんどん大きくなり、悪化してしまいます。

実家に戻る前に、親に相談する前に、一呼吸おくことを意識してもらえる

といいと思います。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
New Entries
Categories
Archives
Others