10/31『marimari』をご覧くだ...

2014年10月31日

本日発行の『marimari』に11月開催予定のセミナーについて

掲載しております。是非ご覧ください。

 

11月は「よくわかる離婚セミナー」を開催します。

養育費・慰謝料・財産分与など、離婚に関する知識をお話していきます。

ゆっくり進行していきますので、お一人様でもお気軽にご参加いただけます。

 

これまでにも“離婚する予定があり、知識をつけて備えたい方”から

“離婚の予定はないけれど、離婚の知識は身につけておきたい”という方まで

皆さんさまざまな理由で参加されています。

 

セミナーの詳細は以下の通りです。

各日1回限りの講義となりますので、お好きな日をお選びになって

ご参加ください。

—————–よくわかる離婚セミナー———————-

日時:11/7(金)・12(水)・16(日)・27(木)

   各日とも10時~11時

場所:秋田市広面字土手下94 フランスビル2階

   ※北都銀行広面支店の近くになります。

対象:女性限定

お申込み:お電話かメールにて受け付けております。

     TEL018-853-8770

———————————————————————

 

 

 

 

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

佃煮どうですか

2014年10月28日

新米の美味しい時期です。

新米が出回るときりたんぽ作りが県内あちこちで始まりますが

鍋物に移行する前に、新米そのものの美味しさを味わいたいものです。

 

この新米に合うとっておきのおかずを見つけました。

佃煮です。

佃煮というと渋い地味なイメージが強いですが、産直ではどこでも

取り扱っていて、有名な工場が作る佃煮から地元のお母さんたちが手作りする

佃煮まで、そのラインアップは幅広いです。

 

この安田の佃煮は県内でも非常に有名だそうです。

水産庁長官賞をとったちりめんと、私の好物のくるみ入りの佃煮

どちらもとっても食べやすく、佃煮初心者の私でも箸が進みます☆

 

最近は米離れが加速していて、パン派と米派がほとんど五分五分に

なってきています。米どころ秋田、おいしいおかずを発掘して

お米離れが進まないよう米を使った商品の開発を期待します。

 

新米の時期、食欲の秋、美味しいおかずに巡り合うと嬉しく

なりますね。

 

Category:日常, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

熟年離婚が増える理由⑤

2014年10月24日

前回、熟年層での離婚は、不動産の問題が一番大きいというお話をしました。

さまざまな事情から、離婚しても実家に戻ることが難しいために

離婚後の住居の問題をどうするか、ここが決まらないと離婚に踏み切ることは

できませんよね。

 

不動産の分与の方法としては

①夫か妻のどちらかが住み続ける

②売却して現金を分割する

③夫の名義になっている場合、妻が住む代わりに夫に家賃を支払う

などといった方法が考えられます。

 

一般的なのは①のパターンで、妻が不動産を譲り受ける場合が多いです。

成人して家を出て行った子どもたちが、将来帰省したときに母親が

いてくれた方が何かと都合が良いという理由が挙げられます。

 

熟年離婚の不動産の分与の問題ではこのように「子どもの将来」も

踏まえた上で考えていかねばなりません。

親が離婚しても、子どもにとって「帰る場所がある」というだけで

随分心持ちが違ってきます。

 

②のように不動産を売却するとなると、手間と時間がかかります。

また売却するにも恵まれた物件でないとなかなか厳しいというのが

現実にあります。

 

どの方法を選択するのが一番いいのかをよく話し合って決めていかな

ければなりません。

財産分与問題は、金額も大きく、専門的な知識も必要になってきますから

専門家の手を借りて、きちんと執り行うことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

熟年離婚が増える理由④

2014年10月20日

熟年離婚での一番のポイントは「財産分与」になります。

若年層と異なり、分与する金額も大きいですし、財産の種類も

いくつかに分かれます。

 

まず財産の種類ですが、

預貯金・不動産・有価証券・年金・自動車などになります。

場合によっては退職金も含まれます。

 

財産の名義が夫婦一方の名義になっていたとしても、財産分与の

対象となります。

婚姻期間中に夫婦が協力して得た財産は名義に関係なく

夫婦共有のものとなります。

 

預貯金や有価証券・年金に関しては、分割することができますので

話し合いで分与割合を決めればOKです。

問題はなんといっても不動産です。

ローンの支払いは残っているのか、どちらが住むのか、といったことを

一つひとつ決めていきます。

熟年層の夫婦は、離婚したからといってすぐ実家に戻ることが出来ない

ところが若年層の離婚との大きな違いです。

若い年齢での離婚は、実家に戻ることができるケースが多いです。

実家に戻り、子どもを親に預けて働きに出ることができます。

 

しかし熟年層の離婚だと、実家の親は認知症だったり、介護が必要な

状態だったり、兄弟と同居していたりと、実家に戻る選択肢がないケースが

多く見受けられます。

「離婚しても住む家がない」ために、離婚を踏みとどまるしかない

ことがあります。

 

熟年層の離婚と不動産の問題、次回に続きます。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

富樫選手、NBAへ!

2014年10月17日

アメリカのNBAのマーベリックスが富樫選手と契約を結んだという

ビッグニュースが入ってきました!(^^)!

ついにやりました!

昨年秋田ノーザンハピネッツでプレーしていた富樫選手が念願叶って

NBAの選手になりました!

日本人では田臥選手以来、2人目の快挙です。

富樫選手は身長167センチと小柄ながらも、そのスピードとテクニックで

昨シーズンはハピネッツを決勝の舞台まで引っ張っていってくれました。

決勝では富樫選手の足がつるというハプニングがあり、残念ながら沖縄に

敗れてしまいましたが、このハプニングさえなければハピネッツが優勝

していたと今でも私は思っています。(沖縄に怒られそう)

 

昨年たまたま秋田駅周辺で買い物していたときに富樫選手を見かけて

握手してもらおうと思いましたが、「プライベートな時間にお邪魔しちゃ

悪いかな」と遠慮した自分自身が恨めしいです・・・

やっぱり握手しといてもらえばよかったなぁ・・・

 

今後の富樫選手のNBAでの活躍に期待です。

いつかまた秋田でプレーしてほしいですね。

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

認知症と消費者トラブル②

2014年10月15日

高齢者が送り付け詐欺商法といった消費者トラブルに巻き込まれるケースが

過去最高を記録したと前回ブログに書きました。

高齢者の一人暮らしが増える中、このような被害は本当に身近なものと

なっています。

 

電話一本で数万円するサプリメントや布団などを購入させられてしまう、

しかも数日経つと本人はそのことを忘れてしまっている、ひどい場合は

それが毎月のように継続します。

そしてもっと最悪なことは、本人が認知症気味なのにつけこまれて

自宅やその他の所有地を勝手に売却させられてしまう、なんて事態に

発展してしまうかもしれません。

そのようなことを防ぐために「成年後見制度」という法律の制度があります。

認知症の高齢者は、その程度にもよりますが、財産管理などといった重大な

行為に関しての判断能力は低下しています。

そのため、不動産の売却などの財産管理を高齢者が一人で判断して行うことを

保護してあげるべきだというのがこの制度の趣旨です。

 

認知症の高齢者の家族が家庭裁判所に申し立て、成年後見制度を利用するに

ふさわしいか判断を受けます。

制度の利用が家庭裁判所で許可されると、その高齢者ために後見人が

選ばれます。後見人が高齢者に代わって、財産管理や重要な法律行為を

行ってくれるようになります。

これが成年後見制度です。

認知症などで判断能力が低下した高齢者を守るための制度になっています。

 

次回からもう少し詳しくお話していきます。

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

認知症と消費者トラブル

2014年10月10日

認知症などにより判断能力が不十分な高齢者が被害にあう消費者トラブルが

増えています。

2013年には過去最高の1万1499件もの事件が発生したそうです。

このうち80歳以上が7割を占めています。

国民生活センターの発表によると、被害が多いのが「健康食品」の

送り付け商法だそうです。

 

当事務所でも、こういった送り付け商法で高齢者が被害に遭った

ケースの相談をいくつか受けました。

高齢者が一人になる日中に電話をかけてきて勧誘するそうですが、

それはそれは優しい口調で話しかけて商品を売りつけるという話

を聞きました。

高齢者はなんだかよく分からないまま話を聞き、電話を切ってしまうと

もう何も覚えていません。

そして数日後に商品が送り付けられる、という仕組みになっています。

電話で短時間にこういったことが起こると、家族が同居していても

なかなか防ぎようがありませんよね。

送り付けられて初めて家族は気づきますから、気付いたときには

お金を支払ってしまっています。

 

相談者の中には、自分の母親が1年もの間送り付け詐欺に遭っていた、

サプリメントはとても小さいので気付かなかったと嘆いていらっしゃる方

もいました。

 

こういった事態に対処するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

次回に続きます。

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

天然舞茸どうですか

2014年10月07日

新米の時期ですね☆

スーパーの店頭に新米が並んでいます。今年は冷夏のため、新米の出来は

「まあまあ」とのことですが、それでもやはり「新米」の響きに心踊ります。

 

食欲の秋、果物の秋、きのこの秋、先日は天然まいたけを求めて

河辺の産直へ足を運びましたが、結構いいお値段がするのでびっくり

しました。

生まれてこの方、天然のきのこなんて食したことがないので

相場も知らず無知で恥ずかしいのですが、天然まいたけ8,000円から

9,000円のものがきちんと売れていました!(※きのこの量は多い)

 

「きのこにそんなにお金を払うの?」とどきどきしながら

売り場を眺めていましたが、地元のおじいさん達がポケットから

1万円札を出してひょいひょい買っていました。

あらま~びっくり(@_@;)

 

天然まいたけはどう食べるのが美味しいのでしょうか?

やっぱり素焼き?炊き込みご飯?それとも天ぷら?

あれこれ料理方法を考えながら、来年出直そうと思いました。

 

 

Category:日常, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

熟年離婚が増える理由③

2014年10月03日

夫の定年や子どもの自立をきっかけに離婚に至る「熟年離婚」、

一番もめるポイントはどういったところでしょうか?

 ①②でもお話してきたように、熟年離婚で多いのは

「一方は離婚の意思が固い、長年離婚を望んできた、しかしもう一方は

離婚する気はない、夫婦としての実績があるのだからこのままの生活を

変えたくない」と互いの考えが違うところです。

 

しかし、片方に結婚生活を続ける意思がない中で暮らしていくのは

とても難しいことです。暮らしの中で、関係を修復することが出来れば

一番いいのでしょうが、なかなかそう簡単にはいきませんよね。

そうなると時間をかけて相手を説得していくことも考える必要が出てきます。

 

熟年離婚の話し合いで一番大切なのは、なんといっても「財産分与」です。

若年層の離婚と違い、夫婦が所有している資産の金額や種類が多いため

慎重に財産分与を行う必要があります。

次回に続きます。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
New Entries
Categories
Archives
Others