県北の旅、秋田犬がご案内

2018年12月14日

大館、北秋田、小坂、上小阿仁の4つの市町村が連携してつくった

観光地域づくり法人による『秋田犬ツーリズム』のHPが導入した新しい

システムが、今日新聞(秋田魁新報)に掲載されていました。

そのシステムとは、HP閲覧者に県北の最適な旅のプランを提供するもので

「AI秋田犬」という名前だそうです。

 

HPの画面上に秋田犬のキャラクターが登場し、閲覧者に県北の旅に関しての

質問をし、閲覧者が表示された選択肢から質問の回答を選ぶと、4市町村の

宿泊施設やグルメ、土産品などの情報を無料で提供してくれます。

 

私も早速HPを閲覧してみました。とっても可愛いAI秋田犬と会話ができ

素敵なHPになっていました。

今世界的に大人気の秋田犬の写真が沢山掲載されており、秋田観光初めての人

だけでなく、秋田に住んでいてまだ県北に観光に行ったことのない人に

とっても、とても参考になるHPだと思いました。

私も県北へはこれまで数回しか出掛けていないので、この冬はこのHPの

AI秋田犬に案内してもらって観光に行きたくなりました。

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

秋田カルチャースクール

2018年12月10日

明日はカルチャースクールの『わかりやすい相続』講座の最終回です。

最終回となる第3回目は、遺言書について学習していきます。

今年に入って、40年ぶりとなる大幅な相続法の改正があったことにより

遺言書に関しても、重要な改正のポイントがあります。

その内容についても触れていく予定です。

 

カルチャースクールでの相続・遺言書講座は、定期的に開催しております

ので、また次の開催が決まりましたら、ブログにてお知らせ致します。

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

実家に依存する妻

2018年12月07日

ここ最近は、子どもの出産後すぐに職場復帰する女性が増え、離婚や家庭の

お悩みを相談しにくる女性のほとんどがワーキングマザーです。

育児に家事に仕事と、毎日めいっぱい頑張って、疲労困憊になってしまった

とき、近くに実家があると、本当にありがたいものです。

 

特に妻の実家が近くにあると、子どもの送り迎えから、日々の食事、買い物

など、物理的・経済的にサポートしてくれる親の存在は、働く女性の心強い

味方です。

 

しかしながら、実家の存在が大きくなればなるほど、親から受ける影響も

大きいため、つい自分の家庭より実家を優先してしまう場合があります。

夫の意見より親の意見を優先したり、お休みの日に夫そっちのけで実家に

遊びに行ってしまうと、夫は「自分は大事にされていない」「妻は自分より

親を優先している」などと夫婦間に溝が出来てしまい、関係性がこじれて

しまうことがよくあります。

 

育児と仕事を両立するために、実家の手を借りることは決して悪いことでは

ありません。ただ、度が過ぎると、夫婦間の意思疎通がおろそかになって

しまうことにもつながりますから、注意は必要です。

 

夫が妻の実家を嫌がっているのに頻繁に実家に通い続けたり、

実家で親に夫の悪口を沢山話したりすると、「親VS夫」という構図が

出来てしまいます。

そうなってしまうと、本当に助けが必要なときに頼めなくなったり

気持ちよく実家に行けなくなったりしてしまいます。

 

あくまで自分の家庭が最優先であること、夫の意見に耳を傾けること、

そして何よりも、実家に行くことを夫に理解してもらうことが大切です。

「実家のことだから夫はわかってくれているだろう」と高をくくらずに

言葉を費やし、理解を求めていく小さな努力を欠かさずに行っていくこと

が家庭円満のヒントだと思います。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

夫の浮気を発見したら・・・

2018年12月04日

「夫の浮気」は離婚原因のトップに挙げられますが、妻からすると本当に

夫の浮気を発見したときにどう対処したらいいのか、頭の痛くなる問題です。

 

①すぐに夫を追及し、夫が謝罪するまで責め続けるケース

②しばらく泳がせて夫の様子を見るケース

③夫の浮気には目をつぶるケース

など、人によって対処法はさまざまです。

 

どう対処するのが正解なのかは、家庭生活を今後どう構築していきたいのか

によって変わってきます。

またこれに加えて、夫の性格や浮気の本気度も重要です。

実際に、夫の性格などを熟知したうえで、夫の浮気発覚にうまく対応した

ケースがあります。

 

ある女性Aさんは、数年前から夫の職場不倫に気付いていました。

Aさんは上記の②(しばらく泳がせて様子を見る)を選択し、不倫の証拠だけは

しっかり自身で管理し、極力態度に出さないよう努めて、夫に対し明るく優しく

接し続けました。

その理由として、Aさんは次の3つを挙げていました。

〇子どもが小さいこともあり、離婚する気はない

〇自分自身も夫に対してきつい態度で接してきたことを反省している

〇夫の不倫が始まる前から、家庭内の空気が悪くなり始めていた

 

Aさんは、夫の浮気発覚という家庭の緊急事態においても、冷静に俯瞰して

夫婦のあり方を考えていました。

ここでAさんがすごかった点は2つ。

一つは、夫の浮気を夫だけの非とせず、自分自身の努力が欠如していたと

反省していたこと。そしてそれを家庭生活の改善につなげたこと。

もう一つは、証拠集めにおいて相手の女性の情報を収集し、いざとなったら

きちんと話し合える下準備はしてあった。にもかかわらず、夫の性格なら

家庭を壊すまではしないだろうと考え、相手の女性には一度も連絡を取って

いないということ。

 

結果、Aさんの努力の甲斐あってか、夫は以前より家庭を大切にするようになり

現在は浮気している素振りは見受けられないとのことでした。

 

夫の浮気発覚後に、Aさんのように振る舞うことは実に難しいことです。

Aさんにとっては「離婚しない」ということ、そして夫の浮気によって家族

の仲が壊れることだけは絶対に避けたい、ということを第一に考え、

常に家庭内の雰囲気を大切にしながら、自分の怒りの気持ちを抑え込んで

努力していました。なかなか容易にできることではありません。

 

その覚悟がご主人に伝わったのか分かりませんが、一時期はかなり

ギスギスしていた家庭の空気が、今ではもうなくなったそうです。

 

妻が努力したからといって、それが必ずしも夫に受け入れられるとは

限りませんが、離婚しないという選択をしたからには、壊れてしまった夫婦

関係を修復できるように努力していかなければなりません。

Aさんのように日々の努力によって関係を修復することができたケースも

沢山あります。

 

~夫婦修復相談のご案内~

当事務所では離婚相談の実績をもとに、離婚をしたくない女性のための

“夫婦関係修復相談”を行っております。

夫婦関係にお悩みの方は、一度ご相談ください。

お申込みは、ホームページのお問い合わせフォームからお申込み下さい。

料金は1時間3000円になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

年内最後の“離婚セミナー”開催のお知らせ

2018年11月30日

今日発行の『marimari』に12月開催の“女性のための離婚セミナー”

の詳細について掲載しております。

 

このセミナーは

○離婚する気はないけれど、離婚の知識だけはつけておきたい

○離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

○友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといったさまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方でも安心して

参加することができます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には面談1時間が無料

となっております。この機会にぜひご参加ください。

 

以下がセミナーの詳細となります。

☑日時:12/13(木)14(金)18(火)19(水)

   各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

   ※お好きな日をお選びになってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話いただくか

     HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

※HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。迷惑メールブロックをされている方は

ご注意ください。返信メールがお送りできない場合は当事務所より

お電話を差し上げる場合もございますので、出来ればお申込みの際に

お電話番号も入力して頂けると助かります。

 

    ———–メール相談のご案内—————

○離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

○直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所では、メール相談を行っております。

料金は1時間半 3、000円(税別)です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

メールのやり取りはできる限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果、1時間半でだいたい7~10

往復できます。※個人差はあります。

お客様のほうで事前に聞きたいことを準備されていることがほとんど

ですので、1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

嫁姑問題、夫の態度が大切です

2018年11月27日

嫁姑問題、どこの家庭でも大なり小なり抱えている問題だと思います。

「うちは嫁姑関係がとても良好で、お互いに何も不満はありません」という

ご家庭には滅多に出会うことはできません。

 

この嫁姑問題が引き金となって離婚に至るケースもざらにあります。

嫁姑問題が起きたときにカギになるのは「夫の振る舞い方」です。

 

母親の肩を持てば、妻を怒らせてしまうし、、、

妻の肩を持てば、母親はいい顔をしない、、、

かといってどっちつかずの態度をとっていても事態は一向に良くならない。

 

この嫁姑問題の解決には夫の理解と協力が不可欠になります。

あくまで一般論ですが、離婚を回避したいのであれば、母親より妻を優先

した方が家庭は丸く収まります。

普通に考えて、妻より母親を優先すると、家庭が不和に向かっていってしまう

ことは火を見るより明らかです。

 

また嫁姑問題を改善させるには、2つの側面からの夫の努力が必要になります。

まずは物理的な面での努力です。

たとえば同居生活がうまくいっていないようならば、引っ越しを考えるとか

部屋のリフォームを考えるといった、具体的な解決策を提示することです。

それに加えて精神的な面での努力も大切です。

「いつもお袋のことで苦労をかけるな」「よくやってくれている、ありがとう」

といった労いの言葉をかけてあげることで、妻に「また頑張ろう」と思って

もらえるようにすることが大きな一歩になります。

 

人によっては妻には「いつもありがとう。困ったことがあったら一緒に

解決していこう」という優しい態度で接する一方で、母親には「うちのが

いつも迷惑かけて悪いね、でもお袋なら分かってくれるだろう」と上手に

2つの顔を使い分けているケースもあります。

お互いがぶつからずに気持ち良く生活できるようであれば、お互いの顔を

立てることも大事なことです。

 

一番悪いのは、何もしないでほったらかしにしておくことです。

妻の悩みに寄り添わず、母親の苦しみも棚に上げておくような夫では

嫁姑問題は改善のしようがありません。

 

嫁姑問題は“解決”というゴールにたどり着くことは非常に難しいとは

思いますが、少しでも“改善”できるよう、間に立つ夫の立ち振る舞い

が大きなカギになること、覚えておいて頂けたらと思います。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚のお悩み、メールで相談できます

2018年11月22日

当事務所では毎月“女性のための離婚セミナー”を開催しておりますが

「仕事の都合でなかなか参加できない」

「子どもが手がかかるので、外出が難しい」

「初対面で緊張するので、電話かメールで相談したい」

などといった声を多数頂いておりました。

そんな方を対象に「メール相談」を行っております。

 

あらかじめご予約頂いた日時で、お客様と当事務所でメールのやり取りを

通して、離婚のお悩みを相談することができます。

※ただし、裁判等紛争になっているようなケースはご相談頂けません。

 

料金は1時間半3000円です。

ご予約頂いた1時間半じっくり使って相談することができます。

メールのやり取りは出来る限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」ということを

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果↓

1時間半でだいたい7往復から10往復できます。※個人差あります。

お客様の方で、事前に質問事項を準備されていることが多いので

1時間半のやり取りでご満足頂いております。

 

メール相談ご希望の方は、HPのお問い合わせフォームからお申込み頂くか

当事務所までお電話でお問い合わせください。

         ※※※注意※※※

メールのやり取りは、当事務所のパソコンから返信致しますので

迷惑メールブロック等をしている場合はご注意ください。

 メールお問い合わせ  ⇒      info@unoki-gyosei.jp

電話お問い合わせ  ⇒  ☎018-853-8770

 

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

離婚の交渉は感情的にならず冷静に

2018年11月19日

離婚することが決まり、養育費や慰謝料、財産分与などといった細かな

条件を夫と話し合うとき、何よりも大切なのは“感情的にならない”こと

です。

 

夫婦間の話し合いは、特に女性の場合、落ち着いて話し合おうと思っても

どうしても夫に対するこれまでの不満や怒りが、頭を支配してしまいがち

です。そうなると

「少しでも多くお金を支払ってもらいたい」

「夫の離婚後の生活なんて関係ない」

「とにかく自分に有利に条件を詰めたい」

などと思ってしまい、話し合いの決裂を招いてしまいます。

 

離婚の話し合いは、とりまとめるのが非常に難しくデリケートな問題です。

男性においてよくあるのが、

「前に話し合ったときは、自宅をくれると言っていたのに、今日になって突然

自宅は譲らないと言い出した」

というように、考え方がコロコロ変わってしまうことです。

 

こんなふうに、お互いが自分のことばかり優先してしまうと、条件が全く

折り合わず、いつまでも合意に至らなくなってしまいます。

話し合いを難航させないためにも、女性側の注意点としては

○離婚後の夫の生活を考慮した上で、金銭的な要求をする

○自分の要求だけでなく、相手の意見もできるだけ受け止める

○夫の性格を考えて、感情的にならずに話す

といった3点は常に意識して頂けたらと思います。

 

特に「養育費」に関しての取り決めは、子どものことですから

「夫が払うのは当たり前」と思うところがあると思いますが

「子どものために払ってくれてありがとう」という気持ちは、少しでも

相手に見せておくことが大切だと思います。

実際、離婚した夫婦で養育費を支払ってもらえないケースは山のように

あります。

 

離婚の話し合いは、「話し合い」というより「交渉」というイメージを

持って、相手の性格や生活にも配慮しながら進めるように気を付けて下さい。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“離婚セミナー”12月開催のお知らせ

2018年11月16日

本日発行の『marimari』に11・12月開催の“女性のための離婚セミナー”

の詳細について掲載しております。

 

このセミナーは

○離婚する気はないけれど、離婚の知識だけはつけておきたい

○離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

○友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといったさまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方でも安心して

参加することができます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」と

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には面談1時間が無料

となっております。この機会にぜひご参加ください。

 

以下がセミナーの詳細となります。

☑日時:11/27(火)29(木)12/4(火)5(水)

   各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

   ※お好きな日をお選びになってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話いただくか

     HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。迷惑メールブロックをされている方は

ご注意ください。返信メールがお送りできない場合は当事務所より

お電話を差し上げる場合もございますので、出来ればお申込みの際に

お電話番号も入力して頂けると助かります。

 

    ———–メール相談のご案内—————

○離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

○直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所では、メール相談を行っております。

料金は1時間半 3、000円(税別)です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

メールのやり取りはできる限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果、1時間半でだいたい7~10

往復できます。※個人差はあります。

お客様のほうで事前に聞きたいことを準備されていることがほとんど

ですので、1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

終活バスツアーとは

2018年11月12日

「終活」・・・元気なうちに、自分の人生の最期に向けて準備を行うこと。

最近ではこの言葉も一般的に広く使われるようになりました。

現在私が担当している講義(秋田カルチャースクール、10月~12月)でも

こういった終活の話を盛り込んでおり、生徒の皆さんの中にはすでに準備を

進めている方もいらっしゃいます。

 

先日新聞を読んでいると、秋田でも「終活バスツアー」なるものが開催されて

いることを発見しました。

 

ここ数年注目を集めている“合葬墓”“樹木葬”といった新しい供養の形を

実際に現場で見てみようという内容です。

供養の方法、特にお墓に関して、現在はさまざまな考え方があります。

特に増えているのが

○子どももおらず、独り身なので、自分のお墓をどうしたらいいか心配

○お墓の管理など、子どもに迷惑をかけたくないので、樹木葬を検討している

とったように、周囲に極力迷惑をかけたくないという思いやりが、準備の

きっかけになっているようです。

 

一昔前までは、家族は代々のお墓に入り、後継ぎがお墓の管理をして

次の世代へ引き継ぐ、というかたちでしたが、家長制度が衰退し

晩婚化の加速、子どもを持たない夫婦の増加、結婚をしたくない若者の

台頭などといった要因から、お墓を守って引き継いでいくこと自体が

非常に困難になってきています。

 

両親は秋田にいるけれど、子どもたちは他県在住だったりと距離的にも

無理が生じたり、また加えて経済的にもみな問題を抱えていたりと

これからは、お墓のあり方というものをどの世帯でも改めて考え直す必要に

迫られそうです。

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
New Entries
Categories
Archives
Others