すぐ「離婚」と言い出す夫

2020年09月25日

夫婦喧嘩は犬も食わないとは言いますが、日常の些細な喧嘩において

すぐに「離婚だ」と言い出す人は沢山います。

この場合、たいがいが男性です。

 

喧嘩になると、売り言葉に買い言葉で、意図していなくても、相手を傷つけ

る言葉を発してしまいます。

夫婦はお互いの性格を熟知しているからこそ、喧嘩になると相手が一番

嫌がる言葉をつい口にしてしまいます。

 

少し極端な言い方になりますが、夫婦喧嘩における暴言は多くの場合が

中身を伴っていません。

「離婚だ」「出ていけ」と言っていても、本気でそう思ってはいません。

むしろ本気のときはこの真逆で、冷静に淡々と論理的に離婚を求めてきます。

 

喧嘩でカッとして頭に血が上っている状態での夫の発言は、極力真に

受けないようにすることが大切です。

受け流す、言い返す、距離を置く、しばらく無視をするなど、夫婦の性格

にあわせた対処法を模索していってほしいと思います。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

「離婚しない」という選択

2020年09月18日

50代以上のご夫婦で、一方は「離婚したい」と考えているが

もう一方は「別に離婚しなくてもいい」という考えでいるケースが

多数存在します。

 

このようなケースにおいて、今回は、夫が離婚したいと考えている

事例についてご紹介していきたいと思います。

 

夫が離婚を希望する理由としては

◎他に女性がいるため、妻と別れたい

◎長年別居している妻にこれ以上生活費を払いたくない

◎早く離婚して身辺整理をしたい

といったことが挙げられます。

いずれの理由も妻からすると納得のいくものではないため、離婚に応じない

という選択をする場合が多いです。

 

妻としても、今となっては夫に愛情があるわけでもないので、離婚に応じ

ても構わないという気持ちが少しはあるものの、よくよく考えてみると

離婚をすることでマイナスになる点があるため、首を縦に振らないという

結論に至ります。

 

マイナスな点はなんといっても経済的な問題です。

夫婦である以上、夫には妻を扶養する義務がありますから、生活費を支払わ

なければなりません。

離婚すると生活費が受け取れなくなるため、家計が苦しくなるのは分かり

きっています。

また離婚すると、妻が自宅から出ていかなければならない場合もあるため

将来的な住まいのことも考えると離婚に踏み切れないということも。

こういった財産的な事情により、夫との関係が冷めきっていても、離婚しない

女性は少なくありません。

離婚しても経済的なデメリットばかりで、メリットがない、というわけです。

 

もちろん夫と不仲である以上、このまま婚姻生活を継続することの精神的な

負担は計り知れません。

離婚してきれいさっぱり第2の人生を歩み始めれば、気持ち的にはとても

楽になります。

実際離婚を選択して、精神的にすごく楽になったと第2の人生を謳歌して

いる女性が沢山いるのも現実です。

 

ただ私個人の考えとしては、「離婚してもメリットがない」と感じるよう

であれば、離婚しないという選択は間違っていないと思います。

夫婦の形は本当に人それぞれで、2人にしか分からない夫婦の事情があり

ます。

離婚するにあたって大切なのは「お互いが納得しているかどうか」です。

「離婚してもメリットがないけど、夫がうるさいから離婚に応じる」と

いうのはお勧めできません。

どんな状況に置かれていても、「自分は離婚に納得しているのか」という

点について、自分の気持ちをごまかすことなく、正直に向き合ってほしいな

と思います。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

“離婚セミナ”9月開催のお知らせ

2020年09月11日

今月開催の“女性のための離婚セミナー”についてのお知らせです。

本日発行の『marimari』に今月開催の“女性のための離婚セミナー”に

ついて掲載しております。

※マリマリニュースの欄(8ページ参照)に掲載しております。

 

このセミナーは

〇離婚をする気はないけれど、離婚の知識はつけておきたい

〇離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

〇友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといった、さまざまな理由でこれまで多くのお客様にご参加頂いて

おります。

 

ゆっくりとしたペースで進行しますので、離婚の知識がゼロの方でも

安心してご参加頂けます。

 

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」といった

要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

 

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には

面談1時間分(通常3,000円)が無料となっております。

この機会にぜひご利用ください。

以下がセミナーの詳細となります。

~女性のための離婚セミナー~

■日時:9/15(火)・17(木)・23(水)・24(木)

各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

※お好きな日をお選びになってご参加ください。

■場所:秋田市広面字土手下94 フランスビル2階

■参加費:1,500円(税込)

■お申込み:☎018-853-8770までお電話ください。

※ホームページのお問い合わせフォームからでもお申込み

頂けます。

 

※※※ホームページよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください!

問い合わせフォームからお申込み頂くと、当事務所のPCより返信メール

が届きます。迷惑メールブロックをされている方はご注意ください。

返信メールをお送りできない場合は、当事務所よりお電話を差し上げる

こともございますので、出来ればお申込みの際に電話番号も入力して

頂けると助かります。

 

セミナーではコロナ対策のため、密集しないよう心掛けておりますので

ご安心ください。マスク着用のうえ、ご参加ください。

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“価値観の違い”で苦しむ人へ

2020年09月07日

離婚の原因としてよく挙げられるのは

「性格の不一致」「不倫」「借金」「暴力」といった問題です。

なかでも多いのが「性格の不一致」いわゆる「価値観の相違」といった

問題です。借金や暴力に関しても、もとをたどればここに行き着きます。

 

性格の不一致は非常に難しい問題で、他人に相談すると

「それだけのことで離婚なんて大げさよ」と言われてしまうことがよく

あります。

 

しかし、妻からすると「何度も何度も注意したけれども直してくれない。

直そうとする意思もない。今後も直る見込みがない」と次第にストレスが

大きく膨れ上がっていきます。

その途中で義理の両親に相談して解決を試みても「たかだかそれくらいの

ことで何言ってるの。あなたが我慢すればいいだけのことでしょ」と逆に

お説教をされてしまうケースも少なくありません。

 

他人から見れば大した問題でないことでも、本人からすると、とんでもなく

苦痛に感じてしまうことは(特に離婚問題においては)多々存在します。

もちろん婚姻生活において、相手の言動に対して多少の忍耐は必要ですが

我慢し過ぎて苦しくなってしまうと、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

たとえば

“夫と一緒にいると動悸がする”

“夫のいる家に帰ろうとすると胃がキリキリ、むかむかと痛くなる”

“夫のいる家に帰りたくなくて、帰り道はつい遠回りをしてしまう”

という症状まで出てしまうと、婚姻生活を維持することが難しくなって

きます。

性格の不一致というものは、双方が話し合っても容易に解決するものでは

なく、注意してもおいそれと直るものではなく、ましてや親に頼って改善

するものでもありません。

 

当事務所のお客様のなかには

「こんなことで離婚だなんで、私ってだめですよね?」とお話される方も

いらっしゃいますが、そんなことはありません。

 

夫婦間の問題はその夫婦にしか分からないことです。

性格、金遣い、親との付き合い方など、どのポイントでその人が嫌だと

思うのかは人それぞれ異なります。

離婚理由は千差万別です。そこには優劣も大小もありません。

一人で抱えきれなくなったら、ぜひ専門家に相談してみてください。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚後の姓の選択どうする

2020年09月04日

離婚すると、戸籍筆頭者でない側、結婚により姓を変更した側が

戸籍から抜けることになります。

戸籍から抜けたあとは

①結婚前の戸籍に戻る

②自分を筆頭者とする新たな戸籍を作る

のどちらかになります。

 

ただし注意があります。

結婚前の戸籍がすでに除籍になっていたり、

離婚後も婚姻中の姓を名乗り続けたかったり、

子どもを自分と同じ戸籍に入れる場合は

上記②の「自分を筆頭者とする新たな戸籍を作る」選択肢しか選ぶことは

できません。

 

そもそも離婚後は、旧姓に戻るのか、婚姻中の姓を名乗り続けるのかを

選ぶことができます。

結婚前の戸籍に戻る場合は、姓も自動的に旧姓に戻ります。

新しく戸籍を作る場合は、旧姓か婚姻中の姓かを選ぶことが可能です。

 

この姓をどうするかの問題は、離婚前にしっかり熟慮する必要があります。

離婚後も婚姻中の姓を名乗り続けたい場合は、相手の許可は不要です。

ただし、離婚後3か月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」と

提出する必要があります。

この届出を提出したあとに、氏を再度変更する場合は、家庭裁判所の

許可が必要になりますから、姓の選択は離婚する前にしっかりと熟慮

して頂けたらと思います。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

親権者の変更はできるのか

2020年08月31日

離婚の際に子どもの親権者を決めても、この先ずっと変更できないという

わけではありません。

子どもを取り巻く環境や親の事情が変われば、親権者を変更することが

できます。がしかし、そう簡単な話ではありません。

 

親権者変更の大きなハードルとして挙げられるのは「家庭裁判所にて

親権者変更の調停または審判をしなければならない」という点です。

両親が話し合って合意したとしても、勝手に親権者の変更はできません。

親権者変更は子どもの戸籍の変更もしなければなりません。

きちんと正式な手続きを踏まなければいけないということです。

 

「金銭的に余裕がないから、親権者を変更したい」「これ以上子どもの

面倒をみることができない」といった親の身勝手な理由で変更すること

はできません。

 

親権者の変更は、まず夫婦のどちらか(子どもの祖父母も可能)が申し立て

を行うことから始まります。

この申し立てがされると、家庭裁判所の調査官が家庭内の状況等が適切か

どうかの調査をします。

当然のことながら、親の経済力や子どもの養育への熱意なども調査され

子どもの年齢によっては、調査官が直接子どもに話を聞くこともあります。

さまざまな調査の結果、現在の状況が子どもの養育に適切ではないと

判断されると、初めて親権者の変更が認められます。

 

ここまでの話だけでも、親権者変更の手続きが容易でないことはお分かり

頂けるかと思います。

一度決定された親権者というものは、よほどの事情がないと変更が許可

されないということです。

ですから、離婚の取り決めとして親権者を話し合う際は「あとで変更できる

から」とは考えずに、原則変更は難しいものだという認識で取り決めてもら

えたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

別居中でももらえる婚姻費用とは

2020年08月28日

夫婦が別居を始めた場合、特に女性が抱える問題の一つとして、

別居後の生活費の捻出に困ってしまうケースが多く見受けられます。

夫と対等に働いているようであればそこまで問題にはなりませんが

専業主婦だったり、パート勤務である場合は、別居後の生活が苦しく

なってしまうことが多いのが現状です。

 

そのような場合に、妻は夫に対して“婚姻費用”というものを請求すること

ができます。

 

“婚姻費用”とは夫婦が共同生活を送るために必要とされる費用のことです。

夫婦には日常を送るにあたって、必要なお金を分担する義務があります。

衣食住は当然のこと、教育費・娯楽費・医療費・交際費なども含まれます。

 

ですから、夫婦喧嘩が原因で別居に至ったとしても、法的に婚姻状態は継続

しているため、それぞれの生活費や子どもにかかる費用は婚姻費用として

分担すべきものとされています。

 

この婚姻費用は夫婦の話し合いで取り決めることができます。

また「婚姻費用算定表」なるものもありますので、参考にすることができます。

 

夫婦の年収や子どもがいるかどうかなどによって金額は変動します。

夫の年収が高く、妻の年収が低い場合、つまり二人の収入差が大きければ

大きいほど、婚姻費用は高くなります。

また当然ですが、子どもの人数が多いほど、婚姻費用も高額になります。

 

夫の不倫が原因で妻が子どもを連れて家を出たものの、婚姻費用をもらえない

ために生活が困窮しているというケースも少なくありません。

そうなってしまうと、すべて子どもにしわ寄せがいってしまいますから

別居に踏み切る前に、生活費のことを念頭に置くことを忘れないでください。

 

この婚姻費用は、もし可能ならば、別居する前に取り決めておくことを

お勧めします。

別居後に夫に婚姻費用を請求しても、支払いをごねているケースが多く

見受けられます。

意外にも「別居しても生活費は負担しなければならない」ということを

知らない男性は多いので、まずは婚姻費用について説明をしてみて下さい。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

“離婚セミナー”8月開催のおしらせ

2020年08月21日

今月開催の“女性のための離婚セミナー”についてのお知らせです。

本日発行の『marimari』に今月開催の“女性のための離婚セミナー”に

ついて掲載しております。

※マリマリニュースの欄(8ページ参照)に掲載しております。

 

このセミナーは

〇離婚をする気はないけれど、離婚の知識はつけておきたい

〇離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

〇友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといった、さまざまな理由でこれまで多くのお客様にご参加頂いて

おります。

 

ゆっくりとしたペースで進行しますので、離婚の知識がゼロの方でも

安心してご参加頂けます。

 

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」といった

要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

 

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には

面談1時間分(通常3,000円)が無料となっております。

この機会にぜひご利用ください。

以下がセミナーの詳細となります。

~女性のための離婚セミナー~

■日時:8/26(水)・27(木)・9/1(火)・3(木)

各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

※お好きな日をお選びになってご参加ください。

■場所:秋田市広面字土手下94 フランスビル2階

■参加費:1,500円(税込)

■お申込み:☎018-853-8770までお電話ください。

※ホームページのお問い合わせフォームからでもお申込み

頂けます。

 

※※※ホームページよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください!

問い合わせフォームからお申込み頂くと、当事務所のPCより返信メール

が届きます。迷惑メールブロックをされている方はご注意ください。

返信メールをお送りできない場合は、当事務所よりお電話を差し上げる

こともございますので、出来ればお申込みの際に電話番号も入力して

頂けると助かります。

 

セミナーではコロナ対策のため、密集しないよう心掛けておりますので

ご安心ください。マスク着用のうえ、ご参加ください。

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

離婚の話し合いのタイミング

2020年08月17日

離婚することが決まると、そのあとに「離婚後の生活面の条件」について

夫婦間で話し合うことが必要になってきます。

子どもの養育費はいくらにするのか、自宅はどちらが引き取るのか、財産分与

はどうするのか、といった取り決めなければならない問題が山積しています。

そしてここで一番心を砕くのは、夫婦の話し合いのタイミングです。

このタイミングの良し悪しによって、取り決め内容が大きく変わってくると

いっても過言ではありません。

 

物事にはなんでも勢いがあり、そのときどきに流れがあります。

離婚の話し合いも同様で、ある程度スピーディに事務的に取り決めて

いかなければいけない側面もあります。

 

往々にして見受けられるのが

〇最初のうちは夫も養育費は多めに支払うと言っていたのに、今になって

渋り出してきた。

〇離婚が決まったときは夫は「自宅は君にあげるから」と話していたのに

最近になり「この家は俺の家だ」と言い出した。

といった、時間が経過するに従って、離婚の条件面が下がってしまう事態

です。

 

離婚が決まった当初は、夫のほうも「自分にも原因がある。妻が一人で

子どもを育てていくのは大変だから、せめて金銭面は自分が多めに負担

しよう」と前向きな考えでスタートするのですが、時間がたつと、その

意識も薄れ、「あまりお金を払いたくないな」といった考えが頭をもたげ

始めます。

お金を支払う側が一度金額を下げると、なかなかそれ以上交渉を続ける

のは難しくなります。

 

一般論ですが、離婚の条件面の取り決めはあまりだらだらと時間を

かけてもプラスに働くことはありません。

ある程度のところで手を打たないと、話し合いがこじれて調停になったり

弁護士案件になったり、最悪は交渉不可能となったり、相手と連絡が

とれなくなったりといった結末が待っています。

 

お互いが「損をしない」という取り決めは滅多にありませんが

ある程度の妥協をすることが求められます。

養育費に関して言うならば、無理して高額の養育費を狙うよりは、毎月確実

に支払ってもうらことができる金額に設定することの方が重要です。

自宅に関しても、子どもをこのまま自宅に住ませたいという意思よりも

住宅ローンという大きな債務を今後どう処理していくのかという点が重要

です。

 

離婚の取り決めに関する話し合いは、出来れば離婚が決まった時点で

速やかに、夫婦で譲歩しながら取り決めていくことが衝突を避ける一番の

近道になると思います。

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

お盆休みのお知らせについて

2020年08月11日

当事務所は、13日~16日までお盆休みとなります。

17日(月)9時より通常営業となります。

なお、お休み期間中におきましてもホームページからのお問い合わせは

随時受け付けております。

17日以降、順次返信してまいりますので、あらかじめご了承ください。

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
New Entries
Categories
Archives
Others