森吉山の紅葉

2018年10月19日

私が秋田でしたいこと、沢山ありますが、その一つに

「森吉山の紅葉をゴンドラに乗って見たい!」

というのがあります。

 

毎年この紅葉の時期になると、テレビで必ず森吉山の紅葉の映像が

流れ、そのたびに素晴らしいと感嘆してしまいます。

そのつど「いいなあ、行きたいなあ」と思うばかりでまだ一度も

見に行けていません。

 

森吉山の紅葉はゴンドラに乗って見ることができるため、通常の紅葉狩り

では味わえない高さの絶景を拝むことができます。

紅葉を下から見上げることはあっても、上から見下ろすことが出来る

場所は少ないと思うので、本当に東北随一の紅葉スポットと言えます。

 

今年は行けそうにありませんが、来年こそは森吉山のゴンドラで紅葉を

見たい!いや見に行きます!

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

養育費の増額と減額

2018年10月16日

離婚の際に「養育費は毎月5万円支払う」と取り決めたものの、離婚から

年数が経つといろいろ事情が変わり、養育費の増額・減額の必要性が出て

くるケースがあります。

 

特に多いのが、養育費の支払義務がある元夫からの「養育費を減額してくれ」

という申し出です。

 

その理由はさまざまで

◎再婚して新しい家庭を持ったから

◎転職して給与額が下がったから

◎離婚当時は、養育費の支払いは余裕かと思っていたが、いざ支払うと

毎月の生活が苦しいから

◎両親から「別れた奥さんにそんなに養育費を支払う必要はない」と

言われたから

などと窮状を訴えることはざらにあります。

 

こういった場合は、まずは当事者で話し合って決めます。ただ当然のこと

ながら、話し合いは平行線に終わることがほとんどです。

妻からしたら、満足するだけの十分な養育費をもらっているケースの方が

圧倒的に少ないですから、びた一文減らしたくないのが本音です。

一方夫は少しでも多く減額してもらいたい。

どちらかが譲歩しない限りは、話し合いがまとまるはずはありません。

 

当事者で話し合いが進まない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てること

になります。

ただここで注意が必要ですが、調停を申し立てたからといって、必ずしも

養育費の減額が認められるわけではありません。

 

養育費の減額(または増額)が認められるには、ある程度重要な事情の変更

が求められます。

加えてそれは変更前の養育費決定の場面では前提とされていなかった事情

でなくてはなりません。

 

こういった点を踏まえて、養育費の取り決めは離婚の際によく話し合って

おく必要があります。

離婚後にこういったトラブルが起こらないように、養育費を支払う側が

長期間継続して支払っていける金額で折り合うことが何より大切です。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“離婚セミナー”今月開催のお知らせ

2018年10月12日

本日発行の『marimari』に11月開催の“女性のための離婚セミナー”

の詳細について掲載しております。

 

このセミナーは

○離婚する気はないけれど、離婚の知識だけはつけておきたい

○離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

○友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといったさまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方でも安心して

参加することができます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」と

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。

 

今月は夜の時間帯もご用意しましたので「仕事帰りに寄りたい」という

方は夜の部をお申込みください。

 

以下がセミナーの詳細となります。

☑日時:10/23(火)25(木)31(水)11/1(木)

   各日ともに10時開始19時開始か、お時間をお選び頂けます。

   時所要時間は1時間半程度。

   ※お好きな日をお選びになってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話いただくか

     HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

※HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。迷惑メールブロックをされている方は

ご注意ください。返信メールがお送りできない場合は当事務所より

お電話を差し上げる場合もございますので、出来ればお申込みの際に

お電話番号も入力して頂けると助かります。

 

    ———–メール相談のご案内—————

○離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

○直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所では、メール相談を行っております。

料金は1時間半3、000円(税別)です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

メールのやり取りはできる限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果、1時間半でだいたい7~10

往復できます。※個人差はあります。

お客様のほうで事前に聞きたいことを準備されていることがほとんど

ですので、1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

秋田駅に秋田犬

2018年10月10日

JR秋田駅のぽぽろーどで“秋田犬”の巨大バルーンを見ることができます。

大型観光キャンペーンの一環だそうですが、今、県内にとどまらず、全国的に

空前の秋田犬ブームですから、観光客にも喜んでもらえること間違いなしです。

高さ3メートル、幅1.68メートルの秋田犬、間近で見ると迫力あります!

11月末まで設置しているそうですから、駅の近くを通るときは必見です。

10月に入り、少しずつ紅葉も進み、行楽日和も増えてきますから

観光キャンペーンに合わせて、沢山の観光客で秋田が賑わうといいですね。

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

嫁姑問題のカギは夫の態度にあり

2018年10月05日

嫁姑問題、どこの家庭でも大なり小なり抱えている問題だと思います。

「うちは嫁姑関係がとても良好で、お互いに何も不満はありません」なんて

いうご家庭にはなかなか出会う機会は少ないです。

 

この嫁姑問題が引き金となって離婚に至るケースもざらにあります。

嫁姑問題が起きたときにカギになるのは「夫の振る舞い方」です。

 

母親の肩を持てば、妻を怒らせてしまうし、、、

妻の肩を持てば、母親はいい顔をしない、、、

かといってどっちつかずの態度をとっていても事態は一向に良くならない。

 

この嫁姑問題の解決には夫の理解と協力が不可欠になります。

あくまで一般論ですが、離婚を回避したいのであれば、母親より妻を優先

した方が家庭は丸く収まります。

普通に考えて、妻より母親を優先すると、家庭が不和に向かっていってしまう

ことは火を見るより明らかです。

 

また嫁姑問題を改善させるには、2つの側面からの夫の努力が必要になります。

まずは物理的な面での努力です。

たとえば同居生活がうまくいっていないようならば、引っ越しを考えるとか

部屋のリフォームを考えるといった、具体的な解決策を提示することです。

それに加えて精神的な面での努力も大切です。

「いつもお袋のことで苦労をかけるな」「よくやってくれている、ありがとう」

といった労いの言葉をかけてあげることで、妻に「また頑張ろう」と思って

もらえるようにすることが大きな一歩になります。

 

人によっては妻には「いつもありがとう。困ったことがあったら一緒に

解決していこう」という優しい態度で接する一方で、母親には「うちのが

いつも迷惑かけて悪いね、でもお袋なら分かってくれるだろう」と上手に

2つの顔を使い分けているケースもあります。

お互いがぶつからずに気持ち良く生活できるようであれば、お互いの顔を

立てることも大事なことです。

 

一番だめなのは、何もしないでほったらかしにしておくことです。

妻の悩みに寄り添わず、母親の苦しみも棚に上げておくような夫では

嫁姑問題は改善しようがありません。

 

嫁姑問題は“解決”というゴールにたどり着くことは非常に難しいとは

思いますが、少しでも“改善”できるよう、間に立つ夫の立ち振る舞い

が大きなカギになること、覚えて頂けたらと思います。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

秋田カルチャースクール10月開始

2018年10月01日

10月より『秋田カルチャースクール』の秋の講座が始まります。

当事務所の『わかりやすい相続』講座は今回で5回目の開催となります。

10月・11月・12月と1か月1回の講座、全3回となっております。

身近な相続問題を例にとって、相続・遺言に関する知識をわかりやすく

お伝えできるよう心がけております。

特に今回は相続法が40年ぶりの大幅改正となり、おさえておきたい知識が

目白押しとなっております。

 興味のある方はぜひご受講ください。

詳細は以下の通りです。

————–秋田カルチャースクール——————

『わかりやすい相続』(全3回)

講座日 10/9 11/13 12/11 10時半~11時半

場所 秋田カルチャースクール駅前校

費用 全3回で4,860円

問い合わせ ☎018-884-5611

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

定年退職と熟年離婚

2018年09月28日

長年連れ添ってきた夫婦がさまざまな理由から離婚することを“熟年離婚”

と言います。

この熟年離婚での共通項となっているのが「夫の定年退職」です。

 

◎ずっと離婚を考えてきたが、子どものこともあって踏み切れなかったが

夫の定年を機に離婚したい。

◎これまで長年夫の言動に我慢してきたが、夫が定年したら、自分の好きな

ように生きていきたい。

◎定年後の夫の面倒はもう見たくない、まして介護なんて絶対に無理。

など、夫の定年を機に離婚を決断する女性はこのような考えで動いていることが

多いといえます。

 

また夫の定年ではなく、妻が自身の定年をきっかけに離婚を決断するケースも

あります。

妻が自分の定年退職後に、退職金などを活用して引っ越し、新しく一人暮らし

を始めることもあります。夫やその親族と離れて、心機一転、充実した生活を

満喫されている方もいらっしゃいます。

 

これとは別に、夫が描くセカンドライフの青写真についていくことが出来ず

離婚を考え始めるケースもあります。

◎夫が定年後に新しい土地に移住しようとしている。

◎夫が退職後に起業しようとしている。

といった夫のセカンドライフプランに賛成できずに、2人の目指す方向が

バラバラになってしまうと、離婚まではいかなくとも、家庭内別居状態に

陥ってしまうこともありえます。

 

人生100年の時代ですから、昔と違い、定年してからの人生は長いです。

夫婦として共にどう過ごしていくのか、それとも別の道を歩むのか、

「定年退職」というのは良くも悪くも、一度夫婦のあり方を考えるきっかけ

になっているといえるでしょう。

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

離婚のお悩み、メールで相談できます

2018年09月25日

当事務所では毎月“女性のための離婚セミナー”を開催しておりますが

「仕事の都合でなかなか参加できない」

「子どもが手がかかるので、外出が難しい」

「初対面で緊張するので、電話かメールで相談したい」

などといった声を多数頂いておりました。

そんな方を対象に「メール相談」を行っております。

 

あらかじめご予約頂いた日時で、お客様と当事務所でメールのやり取りを

通して、離婚のお悩みを相談することができます。

※ただし、裁判等紛争になっているようなケースはご相談頂けません。

 

料金は1時間半3000円です。

ご予約頂いた1時間半じっくり使って相談することができます。

メールのやり取りは出来る限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」ということを

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果↓

1時間半でだいたい7往復から10往復できます。※個人差あります。

お客様の方で、事前に質問事項を準備されていることが多いので

1時間半のやり取りでご満足頂いております。

 

メール相談ご希望の方は、HPのお問い合わせフォームからお申込み頂くか

当事務所までお電話でお問い合わせください。

         ※※※注意※※※

メールのやり取りは当事務所のHPから返信致しますので

迷惑メールブロック等をしている場合はご注意ください。

 メールお問い合わせ  ⇒      info@unoki-gyosei.jp

電話お問い合わせ  ⇒  ☎018-853-8770

 

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

離婚時の子どもの引き渡し

2018年09月19日

先日「離婚に伴う子どもの引き渡し手続きを明確化する」法改正要綱案が

法制審議会によって発表されました。

 

離婚によって、裁判所から子どもの引き渡しを命じられた場合

これまでは子どもと同居している親が現場にいないと引き渡しができま

せんでしたが、今回の改正では、子どもを引き取る側の親が現場にいれば

裁判所の執行官が強制的に子どもを引き渡せることになります。

 

今回要綱案では、引き渡しを命じる判決に応じるまで、子どもと同居する

親に金銭の支払いを求めるという「間接強制」を規定しました。

間接強制から2週間が経過すれば、強制的に引き渡しができます。

 

ただ、この間接強制は絶対ではなく

○間接強制をしても、引き渡しの見込みがない

○子どもに差し迫った危険がある

といった要件を満たせば、最初から強制的な引き渡しができることに

なっています。

 

なぜ同居する親が不在でも子どもの引き渡しができるようになったのかと

いうと、、、

現場で親同士が争うことで子どもがショックを受けてしまったり

同居する親がわざと姿を隠して引き渡しを拒否するような

事例があったため、今回このような内容に変更されました。

 

まだ案の段階ですが、法務省は早期国会提出を目指すそうです。

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“離婚セミナー”10月開催のお知らせ

2018年09月14日

本日発行の『marimari』に10月開催の“女性のための離婚セミナー”

の詳細について掲載しております。

 

このセミナーは

○離婚する気はないけれど、知識だけはつけておきたい

○離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

○友人や家族が離婚するので、話を聞いてみたい

などといったさまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方での安心して

参加することができます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」と

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨お伝えください。

 

以下が詳細となります。

☑日時:9/26(水)27(木)10/2(火)4(木)

   各日ともに10時開始。所要時間は1時間半程度。

   ※お好きな日をお選びになってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話いただくか

     HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

※HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。迷惑メールブロックをされている方は

ご注意ください。返信メールがお送りできない場合は当事務所より

お電話を差し上げる場合もございますので、出来ればお申込みの際に

お電話番号も入力して頂けると助かります。

 

———–メール相談のご案内—————

○離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

○直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所では、メール相談を行っております。

料金は1時間半3、000円(税別)です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

メールのやり取りはできる限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果、1時間半でだいたい7~10

往復できます。※個人差はあります。

お客様のほうで事前に聞きたいことを準備されていることがほとんど

ですので、1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
New Entries
Categories
Archives
Others