離婚に対する慰謝料の是非

2019年02月18日

明日19日に、離婚に関する訴訟の大きな転機となるかもしれない判決が

下されます。

 

原告は男性で、2015年に妻と離婚。

その4年前までに妻と不倫関係にあった男性を提訴しました。

その理由は「不倫が原因で離婚した」というものです。

 

一般的に慰謝料で多いのは、配偶者の不貞行為が発覚し、その相手側に

慰謝料を請求する、という形です。

つまり、不貞行為をされた側が被った精神的苦痛に対して、慰謝料が

支払われるという「不貞慰謝料」というものです。

ただ、この「不貞慰謝料」に関しては時効があり、配偶者の不貞行為を

知ってから3年間、慰謝料請求をしなかった場合は請求権が消滅します。

 

今回の裁判で問題になったのは、原告の男性が妻の不貞行為を知ってから

3年以上経過していたことです。

そのため、妻の不倫相手の男性は「時効により、もう慰謝料請求権は

消滅している」と反論しました。

 

1審と2審では、原告男性の訴えが認められ、不倫相手の男性に慰謝料の

支払いが命じられました。

「妻の不貞行為の発覚をきっかけに婚姻関係が悪化し、離婚に至った」もの

と判断されました。

不倫相手の主張する慰謝料の時効に関しては、「不貞行為により離婚を

余儀なくされて精神的苦痛を被ったと主張する場合、損害は離婚成立時に

初めて分かる」という理由が述べられました。

 

つまり、1審、2審の判断では今回のケースは「不貞慰謝料」ではなく

「離婚慰謝料」として、不倫相手に支払いを命じた形となりました。

 

不倫相手はこの判決に反発し、「不倫があったとしても結婚生活が破綻するか

どうかは夫婦によって異なる。第三者に慰謝料請求するのは相当ではない」と

最高裁に上告しました。

このまま原告男性の主張が認められれば、浮気や不倫が横行している今の

世の中に一石を投じることになりそうですね。

そしていよいよ明日、最高裁の判決が下されます。

 

※毎日新聞より抜粋しております。

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

面会交流の上手な取り決め方

2019年02月13日

離婚する際の取り決め事項の一つに「面会交流」というものがあります。

面会交流とは、離婚後に親権者(監護者)でない方の親が子どもに会う

権利のことを言います。

 

この面会交流に関しての取り決めは

○【頻度】面会交流は月に1度とする

○【連絡方法】子どもと面会交流する際は、事前に夫から妻に連絡をする

○【その他】子どもの宿泊を含めるかどうか

などというように、あらかじめ夫婦間でルールを決めておきます。

 

運動会や学芸会、授業参観などといった学校行事に関しても

親権者でない方が勝手に参加することで、トラブルに発展する怖れがある

ような場合は、事前に話し合って決めておいた方がいいと思います。

 

ここで何よりも大切なのは、子どもの気持ちに最大限配慮することです。

面会の仕方によっては、子どもに動揺を与えたり、精神的不安を招くこと

にもつながりますから、子どもの気持ちに寄り添うことを最優先に

考えます。

 

そのため、たとえば

■子どもや監護者に暴力をふるう

■相手方に執拗に金の無心をする

■支払能力があるにもかかわらず、養育費を支払わない

■子どもが会いたがらない

などといった事情がある場合は、面会が制限されることもあり得ます。

 

こういった状況にならないように、あらかじめ離婚時に面会交流に関して

しっかり話し合っておくことが重要です。

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

必見!なまはげ柴灯まつり

2019年02月07日

毎年2月の第2金・土・日曜日に開催される『なまはげ柴灯まつり』

今年もいよいよ明日から始まります。

 

みちのく五大雪まつりの一つであるこの『なまはげ柴灯まつり』は

男鹿市にある真山神社で行われます。

このまつりの由来は、900年以上前から行われている神事「柴灯祭」と

民俗行事「なまはげ」を組み合わせたものと言われています。

 

夕方暗くなってからお祭りが始まるのですが、境内に焚き上げられた柴灯火

のもとで、なまはげが乱舞する姿は見応え十分です。

 

私も数年前に一度見に行って来ました。

山からなまはげの行列が松明を持って下りてくる姿は勇壮で非常に迫力が

ありました。

次から次へとなまはげが現れるので、真山神社は異様な雰囲気に包まれて

いました。

 

秋田に来て驚いたことの一つに、なまはげは1種類じゃない、ということです。

各地域によってなまはげの姿形は微妙に異なっています。

この柴灯まつりに行った際に、本当にさまざまな姿形のなまはげが出てきて

非常に興味深かったです。

 

これは秋田魁新報のなまはげ特集のとある1ページですが

県内のなまはげ、これだけ存在します。しかも裏のページにも

続くんです。

中には角のないなまはげもいて、本当いろいろです。

 

ユネスコ無形文化遺産にも登録され、今後ますます秋田のなまはげは

国内外に知れ渡っていくと思います。

こういった嬉しいニュースを活用して県内の観光を盛り上げて

いけたらいいですね。

 

最後に一つ、なまはげ柴灯まつりは夕方から夜にかけて行われますが

とにかく寒いです。私はなまはげを待っている時間に、手足が凍えそうになり

顔も真っ赤になりました。

おまつりに行く方は防寒対策はしっかりして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“離婚セミナー”2月開催のお知らせ

2019年02月01日

本日発行の『marimari』に2月開催の“女性のための離婚セミナー”に

ついて掲載しております。

 

このセミナーは

〇離婚する気はないけれど、離婚の知識はつけておきたい

〇離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

〇友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといった、さまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方でも安心して

ご参加頂けます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」と

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

 

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には

面談1時間が無料となっております。(通常1時間3,000円)

この機会にぜひご利用ください。

 

以下がセミナーの詳細となります。

☑日時:2/12(火)・14(木)・19(火)・20(水)

 各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

 ※お好きな日をお選びなってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94 フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話頂くか

HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

※HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。

迷惑メールをブロックされている方はご注意ください。

返信メールがお送りできない場合は、当事務所よりお電話を差し上げる

こともございますので、出来ればお申込みの際に電話番号も入力して

頂けると助かります

———————-メール相談のご案内————————–

〇離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

〇直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所ではメール相談を行っております。

料金は1時間半 3,000円です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

 

メールのやり取りは出来る限りスムーズに行っていきますので、

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすよう努めてまいります。

 

実際にお客様とやり取りした結果、だいたい7~10往復くらいできます。

みなさん事前に聞きたいことを準備されている方がほとんどですので、

1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

 

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

子どもの教育費の取り決めについて

2019年01月29日

離婚時の取り決めで、一番重要な項目が“養育費”であることは以前にも

ブログでお伝えしましたが、子どもに関するお金の取り決めは養育費だけ

では十分ではありません。

 

養育費にプラスして、子どもの成長に伴って特別にかかる費用についても

取り決めておくことが必要です。

 

この特別の費用は、具体的に大きく2つに分けることができます。

1つ目は、高校・大学進学に伴う入学金、授業料などといった教育費

2つ目は、万が一、病気やけがで入院した際の医療費

といった具合です。

 

上記の費用も、あらかじめ話し合って、毎月の養育費に加算しているケースは

別ですが、こういった特別な費用は一度に捻出するにはかなり大きな金額に

なります。

そのため離婚時に取り決めないで、いざ子どもの進学で大きな額が必要に

なった際に、突然相手にお金を請求しても、なかなかすぐに用意できず

(または支払う気が全くない)困ってしまうというケースも実際に存在

します。

こういった事態を防ぐためにも、あらかじめしっかり取り決めておく

ことをお勧めします。

 

ただ、こういった特別の費用というのは将来発生するものなので、

離婚する時点ではなかなか金額を設定しづらいという性質があります。

 

離婚する時点で子どもがまだ小学生の場合、将来大学に進学するのかどうか

分かるはずもありません。

両親が大卒で子どもは絶対に大学へ進学させるという考えを持っていれば

確率はより高まりますが、それにしても、文系か理系かでかかる学費も大きく

違ってきます。

 

ではどう取り決めたらよいのか。

 

それはそれぞれのご夫婦によって十人十色ですが、一番わかりやすいのは

「将来子どもが進学するときに、話し合って取り決める」というやり方

になります。

ただこれだと、子どもを引き取る妻にとってはあまりに漠然としており

不安だという方は、「入学金・授業料は夫が負担する」と先んじて

取り決めることも可能です。

もちろん夫の同意が必要になりますが。

 

このように、子どもにかかる特別の費用に関しては、取り決め方もさまざま

ですから、ご夫婦に合った形で設定して頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

“住みたい田舎”で東北2位

2019年01月24日

宝島社が発行する『田舎暮らしの本』(月刊誌)が行っている企画である

“住みたい田舎”ランキングで、なんと秋田市が2位に選ばれました。

東北エリアの総合部門で2位、全国ランキングでも5位に入りました。

また自然の恵み部門では、湯沢市が2位に選ばれたそうです。

快挙☆☆☆

 

秋田市が選ばれた理由としては

①移住者歓迎・定住促進に熱心である

秋田市は東京にも移住相談の窓口を設置しており、積極的に移住者定住者の

確保に取り組んでいる。

②都市機能が充実している

交通や医療体制、子育て支援が充実しており、第1子の保育料は無償である。

などといった点が評価につながったそうです。

 

実際、2018年の移住者は130人となり、増加傾向であるとのこと。

人口減少・流出問題は、近年ずっと県の懸念材料であり、何とか打開策をと

取り組んできた成果が少しずつ出てきているようで、本当に良かったと思います。

こういった記事をきっかけにして、また少しでも秋田への移住を検討して

くれる人が増えてくれるよう、もっともっとさまざまなアイデアが実行

されるといいですね。

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

子育てならぬ、孫育て手帳

2019年01月21日

共働きが当たり前の現代、出産後もすぐに職場復帰を希望する女性も

珍しくありません。

女性にとって、仕事と育児の両立はいつの時代も悩みの種。

そんなときに身に染みるのが祖父母のサポートです。

どうしても手が足りないときに、祖父母が子どもの世話をしてくれるのは

本当に助かります。

しかし、祖父母が孫のために良かれと思ってしたことが、逆に娘夫婦に

嫌がられたり、現代の育児法からずれていたりと、孫の育て方に関して

いろいろと戸惑っている祖父母が増えてきたそうです。

 

また最近では“孫疲れ”といって、息子や娘に頼られ過ぎて祖父母が

疲弊てしまうといった事態に陥ることも少なくないようです。

 

このような事態に備えて、最近では自治体が、

サポートを受ける側も、サポートする側も、摩擦が生じないようするため

「孫育て手帳」なるものを発行しているそうです。

 

育児に関する情報(赤ちゃんの抱っこの方法、離乳食や寝かせ方、孫との

遊び場所など)を記載し、楽しく孫と接することができるような情報が

満載とのことです。

 ※秋田魁新報社の記事より抜粋

 

一昔前の世代の親からすれば、なんとも理解しがたい部分も多々あるとは

思いますが、時代とともに、少しずつ子育てや孫育てのやり方も変わって

いっているなと、この記事を読んで本当に感じました。

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

恵方巻き商戦の行く末

2019年01月18日

2月3日は節分、小さい頃は、節分といえば歳の数だけ豆を食べて

「鬼は外!福はうち!」と叫びながら家中に豆を散乱させていました。

しかし時代は変わり、今では節分といえば“恵方巻きを食べる日”といった

慣習が定着しつつあります。

 

確かにここ数年の恵方巻きの人気は高く、どこのスーパーでもコンビニでも

こぞってオリジナル恵方巻きを販売しているのを目にします。

“恵方巻き商戦”は熱を帯びていますが、その反面、問題もあるようで

先日新聞でこんな記事を見つけました。

 

農林水産省が恵方巻き商戦が活発になる前に、スーパーやコンビニに対して

需要に見合った販売を行うようにと、要請したそうです。

というのも、恵方巻きにはお刺身を使っているため、日持ちせず売れ残って

しまうことも多く、その売れ残った恵方巻きを大量に廃棄処分していることが

近年問題になっているようです。

 

恵方巻きは年ごとに決まった方角を向いて食べるのが縁起が良いとのことで

急速に普及していますが、その一方でこういった問題も抱えています。

 

私も毎年恵方巻きを楽しんでいますが、こういったことも踏まえて

せめて自分が買った分でも残さず全部食べようと思います。

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

養育費に対する夫の意識

2019年01月16日

離婚において夫婦間でさまざまな取り決めを行いますが、中でもとりわけ

重要なのが“養育費”についての取り決めです。

養育費は取り決め事項の中でも特に、取り決め内容が細かくなっており、また

支払期間も長期に及ぶことから、その決定には神経を非常に使います。

 

そして取り決め以前の話として、夫の養育費に対する考え方という問題が

あります。

たとえば、、、

①養育費をしっかり支払って父親の役目を果たそうと考える人

②一般的な金額ならば養育費の支払いは続けていこうと考える人

③養育費は少しでも金額を抑えたいと考える人

④養育費は出来る限り支払いたくないと考える人

本当にさまざまな考え方の人がいます。

 

①②のように、養育費に対する意識の高い人は、話し合いがまとまりやすい

傾向にありますし、支払いが滞る心配もほとんどありません。

しかし③④のようになると、金額の交渉が難航したり、そもそも養育費の

取り決め自体が出来なくなるような事態に陥ることも想定できます。

「養育費は絶対に支払わない」と言ってくる夫も珍しくはありません。

 

養育費の取り決めは、支払い期間や金額、支払い方法など、細かく設定

していく必要がありますから、骨の折れる作業です。人によっては

途中で何度も交渉がストップしてしまうことも多々あります。

しかし、離婚後の生活のためにも、何よりお子さんの将来のためにも

どれだけ交渉が難航しても、養育費の取り決めはしっかり行ってください。

 

養育費の取り決めに関しては、相手との話し合いの進め方において

あれこれ工夫が必要なケースがあります。

私がこれまで見てきたケースには、

「養育費を支払わない」と言っていた夫が最終的には算定表通りの額を

約束してくれたり、妻の粘り強い交渉により養育費の額が上がったという人

も沢山います。

養育費の話し合いは後悔しないよう、粘り強く、またときに専門家の意見も

参考にしながら、書面に残すところでまでたどり着いてほしいと思います。

 

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

“離婚セミナー”1月開催のお知らせ

2019年01月11日

本日発行の『marimari』に1月開催の“女性のための離婚セミナー”

の詳細について掲載しております。

 

このセミナーは

○離婚する気はないけれど、離婚の知識だけはつけておきたい

○離婚を考えているが、何から始めたらいいのか分からない

○友人や家族が離婚するので、いろいろ話を聞いてみたい

などといったさまざまな理由で

これまで多くのお客様にご参加頂いております。

 

ゆっくりと進行しますので、知識がゼロの方でも安心して

参加することができます。

また「他の人とは顔を会わせたくない」「一人で受講したい」と

いった要望にもお応えしております。

お申込みの際にその旨をお伝えください。※追加料金はかかりません。

またセミナー特典としまして、セミナーの参加者には面談1時間が無料

となっております。この機会にぜひご参加ください。

 

以下がセミナーの詳細となります。

☑日時:1/22(火)24(木)29(火)30(水)

   各日ともに10時開始、所要時間は1時間半程度。

   ※お好きな日をお選びになってご参加ください。

☑場所:秋田市広面字土手下94フランスビル2階

☑参加費:1500円(税込)

☑お申込み:☎018-853-8770までお電話いただくか

     HPのお問い合わせフォームからでもお申込み頂けます。

※HPよりお申込み頂く場合、以下の点にご注意ください。

問い合わせフォームからお申込み頂きますと、当事務所のPCより

返信メールが届きます。迷惑メールブロックをされている方は

ご注意ください。返信メールがお送りできない場合は当事務所より

お電話を差し上げる場合もございますので、出来ればお申込みの際に

お電話番号も入力して頂けると助かります。

 

    ———–メール相談のご案内—————

○離婚相談に行きたいけれど、忙しくて秋田市までなかなか行けない

○直接会って話すのは緊張するので、メールで相談したい

といった多くの声にお応えしまして

当事務所では、メール相談を行っております。

料金は1時間半 3、000円(税別)です。

あらかじめご予約いただいた1時間半じっくり使って相談することが

できます。

メールのやり取りはできる限りスムーズに行っていきますので

あとになって「あれ聞き忘れた」「もっと質問したかった」を

極力減らすことができます。

 

実際にお客様とやり取りした結果、1時間半でだいたい7~10

往復できます。※個人差はあります。

お客様のほうで事前に聞きたいことを準備されていることがほとんど

ですので、1時間半のやり取りでご満足頂いております。

HPのお問い合わせフォームよりお申込みください。

Category:事務所からのお知らせ, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
New Entries
Categories
Archives
Others