必見!なまはげ柴灯まつり

2019年02月07日

毎年2月の第2金・土・日曜日に開催される『なまはげ柴灯まつり』

今年もいよいよ明日から始まります。

 

みちのく五大雪まつりの一つであるこの『なまはげ柴灯まつり』は

男鹿市にある真山神社で行われます。

このまつりの由来は、900年以上前から行われている神事「柴灯祭」と

民俗行事「なまはげ」を組み合わせたものと言われています。

 

夕方暗くなってからお祭りが始まるのですが、境内に焚き上げられた柴灯火

のもとで、なまはげが乱舞する姿は見応え十分です。

 

私も数年前に一度見に行って来ました。

山からなまはげの行列が松明を持って下りてくる姿は勇壮で非常に迫力が

ありました。

次から次へとなまはげが現れるので、真山神社は異様な雰囲気に包まれて

いました。

 

秋田に来て驚いたことの一つに、なまはげは1種類じゃない、ということです。

各地域によってなまはげの姿形は微妙に異なっています。

この柴灯まつりに行った際に、本当にさまざまな姿形のなまはげが出てきて

非常に興味深かったです。

 

これは秋田魁新報のなまはげ特集のとある1ページですが

県内のなまはげ、これだけ存在します。しかも裏のページにも

続くんです。

中には角のないなまはげもいて、本当いろいろです。

 

ユネスコ無形文化遺産にも登録され、今後ますます秋田のなまはげは

国内外に知れ渡っていくと思います。

こういった嬉しいニュースを活用して県内の観光を盛り上げて

いけたらいいですね。

 

最後に一つ、なまはげ柴灯まつりは夕方から夜にかけて行われますが

とにかく寒いです。私はなまはげを待っている時間に、手足が凍えそうになり

顔も真っ赤になりました。

おまつりに行く方は防寒対策はしっかりして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

“住みたい田舎”で東北2位

2019年01月24日

宝島社が発行する『田舎暮らしの本』(月刊誌)が行っている企画である

“住みたい田舎”ランキングで、なんと秋田市が2位に選ばれました。

東北エリアの総合部門で2位、全国ランキングでも5位に入りました。

また自然の恵み部門では、湯沢市が2位に選ばれたそうです。

快挙☆☆☆

 

秋田市が選ばれた理由としては

①移住者歓迎・定住促進に熱心である

秋田市は東京にも移住相談の窓口を設置しており、積極的に移住者定住者の

確保に取り組んでいる。

②都市機能が充実している

交通や医療体制、子育て支援が充実しており、第1子の保育料は無償である。

などといった点が評価につながったそうです。

 

実際、2018年の移住者は130人となり、増加傾向であるとのこと。

人口減少・流出問題は、近年ずっと県の懸念材料であり、何とか打開策をと

取り組んできた成果が少しずつ出てきているようで、本当に良かったと思います。

こういった記事をきっかけにして、また少しでも秋田への移住を検討して

くれる人が増えてくれるよう、もっともっとさまざまなアイデアが実行

されるといいですね。

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

子育てならぬ、孫育て手帳

2019年01月21日

共働きが当たり前の現代、出産後もすぐに職場復帰を希望する女性も

珍しくありません。

女性にとって、仕事と育児の両立はいつの時代も悩みの種。

そんなときに身に染みるのが祖父母のサポートです。

どうしても手が足りないときに、祖父母が子どもの世話をしてくれるのは

本当に助かります。

しかし、祖父母が孫のために良かれと思ってしたことが、逆に娘夫婦に

嫌がられたり、現代の育児法からずれていたりと、孫の育て方に関して

いろいろと戸惑っている祖父母が増えてきたそうです。

 

また最近では“孫疲れ”といって、息子や娘に頼られ過ぎて祖父母が

疲弊てしまうといった事態に陥ることも少なくないようです。

 

このような事態に備えて、最近では自治体が、

サポートを受ける側も、サポートする側も、摩擦が生じないようするため

「孫育て手帳」なるものを発行しているそうです。

 

育児に関する情報(赤ちゃんの抱っこの方法、離乳食や寝かせ方、孫との

遊び場所など)を記載し、楽しく孫と接することができるような情報が

満載とのことです。

 ※秋田魁新報社の記事より抜粋

 

一昔前の世代の親からすれば、なんとも理解しがたい部分も多々あるとは

思いますが、時代とともに、少しずつ子育てや孫育てのやり方も変わって

いっているなと、この記事を読んで本当に感じました。

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

恵方巻き商戦の行く末

2019年01月18日

2月3日は節分、小さい頃は、節分といえば歳の数だけ豆を食べて

「鬼は外!福はうち!」と叫びながら家中に豆を散乱させていました。

しかし時代は変わり、今では節分といえば“恵方巻きを食べる日”といった

慣習が定着しつつあります。

 

確かにここ数年の恵方巻きの人気は高く、どこのスーパーでもコンビニでも

こぞってオリジナル恵方巻きを販売しているのを目にします。

“恵方巻き商戦”は熱を帯びていますが、その反面、問題もあるようで

先日新聞でこんな記事を見つけました。

 

農林水産省が恵方巻き商戦が活発になる前に、スーパーやコンビニに対して

需要に見合った販売を行うようにと、要請したそうです。

というのも、恵方巻きにはお刺身を使っているため、日持ちせず売れ残って

しまうことも多く、その売れ残った恵方巻きを大量に廃棄処分していることが

近年問題になっているようです。

 

恵方巻きは年ごとに決まった方角を向いて食べるのが縁起が良いとのことで

急速に普及していますが、その一方でこういった問題も抱えています。

 

私も毎年恵方巻きを楽しんでいますが、こういったことも踏まえて

せめて自分が買った分でも残さず全部食べようと思います。

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

県北の旅、秋田犬がご案内

2018年12月14日

大館、北秋田、小坂、上小阿仁の4つの市町村が連携してつくった

観光地域づくり法人による『秋田犬ツーリズム』のHPが導入した新しい

システムが、今日新聞(秋田魁新報)に掲載されていました。

そのシステムとは、HP閲覧者に県北の最適な旅のプランを提供するもので

「AI秋田犬」という名前だそうです。

 

HPの画面上に秋田犬のキャラクターが登場し、閲覧者に県北の旅に関しての

質問をし、閲覧者が表示された選択肢から質問の回答を選ぶと、4市町村の

宿泊施設やグルメ、土産品などの情報を無料で提供してくれます。

 

私も早速HPを閲覧してみました。とっても可愛いAI秋田犬と会話ができ

素敵なHPになっていました。

今世界的に大人気の秋田犬の写真が沢山掲載されており、秋田観光初めての人

だけでなく、秋田に住んでいてまだ県北に観光に行ったことのない人に

とっても、とても参考になるHPだと思いました。

私も県北へはこれまで数回しか出掛けていないので、この冬はこのHPの

AI秋田犬に案内してもらって観光に行きたくなりました。

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

終活バスツアーとは

2018年11月12日

「終活」・・・元気なうちに、自分の人生の最期に向けて準備を行うこと。

最近ではこの言葉も一般的に広く使われるようになりました。

現在私が担当している講義(秋田カルチャースクール、10月~12月)でも

こういった終活の話を盛り込んでおり、生徒の皆さんの中にはすでに準備を

進めている方もいらっしゃいます。

 

先日新聞を読んでいると、秋田でも「終活バスツアー」なるものが開催されて

いることを発見しました。

 

ここ数年注目を集めている“合葬墓”“樹木葬”といった新しい供養の形を

実際に現場で見てみようという内容です。

供養の方法、特にお墓に関して、現在はさまざまな考え方があります。

特に増えているのが

○子どももおらず、独り身なので、自分のお墓をどうしたらいいか心配

○お墓の管理など、子どもに迷惑をかけたくないので、樹木葬を検討している

とったように、周囲に極力迷惑をかけたくないという思いやりが、準備の

きっかけになっているようです。

 

一昔前までは、家族は代々のお墓に入り、後継ぎがお墓の管理をして

次の世代へ引き継ぐ、というかたちでしたが、家長制度が衰退し

晩婚化の加速、子どもを持たない夫婦の増加、結婚をしたくない若者の

台頭などといった要因から、お墓を守って引き継いでいくこと自体が

非常に困難になってきています。

 

両親は秋田にいるけれど、子どもたちは他県在住だったりと距離的にも

無理が生じたり、また加えて経済的にもみな問題を抱えていたりと

これからは、お墓のあり方というものをどの世帯でも改めて考え直す必要に

迫られそうです。

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

森吉山の紅葉

2018年10月19日

私が秋田でしたいこと、沢山ありますが、その一つに

「森吉山の紅葉をゴンドラに乗って見たい!」

というのがあります。

 

毎年この紅葉の時期になると、テレビで必ず森吉山の紅葉の映像が

流れ、そのたびに素晴らしいと感嘆してしまいます。

そのつど「いいなあ、行きたいなあ」と思うばかりでまだ一度も

見に行けていません。

 

森吉山の紅葉はゴンドラに乗って見ることができるため、通常の紅葉狩り

では味わえない高さの絶景を拝むことができます。

紅葉を下から見上げることはあっても、上から見下ろすことが出来る

場所は少ないと思うので、本当に東北随一の紅葉スポットと言えます。

 

今年は行けそうにありませんが、来年こそは森吉山のゴンドラで紅葉を

見たい!いや見に行きます!

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

秋田駅に秋田犬

2018年10月10日

JR秋田駅のぽぽろーどで“秋田犬”の巨大バルーンを見ることができます。

大型観光キャンペーンの一環だそうですが、今、県内にとどまらず、全国的に

空前の秋田犬ブームですから、観光客にも喜んでもらえること間違いなしです。

高さ3メートル、幅1.68メートルの秋田犬、間近で見ると迫力あります!

11月末まで設置しているそうですから、駅の近くを通るときは必見です。

10月に入り、少しずつ紅葉も進み、行楽日和も増えてきますから

観光キャンペーンに合わせて、沢山の観光客で秋田が賑わうといいですね。

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

金足農業、甲子園1回戦突破☆

2018年08月10日

猛暑で夏バテ真っ最中ですが、高校球児の熱い夏・甲子園がついに幕を

開きました。

秋田代表金足農業は、今回の甲子園唯一の公立の農業高校。

異色なので、それだけでも話題になりそうですが、なんといってもこの

金足農業の投手である吉田輝星くんが今回甲子園ナンバーワン好投手との

呼び声が高い、プロ大注目の選手なんです。

 

金足農業の試合を見ましたが、14奪三振とすばらしいピッチングでした。

走者を背負っても球威は衰えるどころか、ピンチのときほど集中力が高まって

いっているような感じがしました。

 

なるほど、そのはず、吉田選手は最速150キロの剛腕もさることながら

ギアを1から3まで、自分で調整しながら投球をコントロールしている

そうです。

無走者のときはギア1、ここぞというときはギア3というように、使い

分けているとのこと。

確かに彼のピッチングを見ていると、場面場面で投球をさまざまに展開させ

勝負強さを非常に感じました。秋田にこんなすごい投手がいたなんて!

 

秋田の甲子園での活躍といえば、3年前に秋田商業の成田翔くんがベスト8

まで勝ち進め、その後プロ入りしたのが記憶に新しいです。

そのときの秋田はとっても盛り上がりました。高校生の頑張りは地元を

元気にしますよね。

金足農業の頑張りを応援したいと思います。

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

秋田犬、ザギトワ選手のもとへ

2018年03月02日

平昌五輪が終わり、ここしばらく軽い五輪ロスになりかけていたところ

秋田県民にとって非常に嬉しいニュースが飛び込んできました。

 

フィギュアスケート女子五輪チャンピオンのアリーナ・ザギトワ選手が

秋田犬を飼うことを望んでいるとのこと!

 

ザギトワ選手といえば、メドベージェワ選手とのロシア同門対決で

この平昌五輪でもっとも注目度が高い戦いを制した選手ですが、、、

五輪前の新潟合宿中に、雑誌で秋田犬を見て気に入り、母親に「飼いたい」と

話したということです。

 

秋田犬といえば、今では日本だけでなく、世界でも人気が高く

海外から秋田犬がほしいという要望が急増していることは有名な話です。

また数年前に佐竹知事がプーチン大統領に秋田犬を贈呈したことも

県内では大きな話題となりました。

そして今度はザギトワ選手!!

 

秋田犬保存会はザギトワ選手に贈呈の意向を示したようですから

近いうちにザギトワ選手と秋田犬のツーショットが見られるかも

しれません。

今からとても楽しみです。

※秋田魁新報社の記事より引用

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
New Entries
Categories
Archives
Others