“住みたい田舎”で東北2位

2019年01月24日

宝島社が発行する『田舎暮らしの本』(月刊誌)が行っている企画である

“住みたい田舎”ランキングで、なんと秋田市が2位に選ばれました。

東北エリアの総合部門で2位、全国ランキングでも5位に入りました。

また自然の恵み部門では、湯沢市が2位に選ばれたそうです。

快挙☆☆☆

 

秋田市が選ばれた理由としては

①移住者歓迎・定住促進に熱心である

秋田市は東京にも移住相談の窓口を設置しており、積極的に移住者定住者の

確保に取り組んでいる。

②都市機能が充実している

交通や医療体制、子育て支援が充実しており、第1子の保育料は無償である。

などといった点が評価につながったそうです。

 

実際、2018年の移住者は130人となり、増加傾向であるとのこと。

人口減少・流出問題は、近年ずっと県の懸念材料であり、何とか打開策をと

取り組んできた成果が少しずつ出てきているようで、本当に良かったと思います。

こういった記事をきっかけにして、また少しでも秋田への移住を検討して

くれる人が増えてくれるよう、もっともっとさまざまなアイデアが実行

されるといいですね。

 

 

 

 

 

Category:その他, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
New Entries
Categories
Archives
Others