妻の不倫をひきずる夫

2020年08月06日

「不倫」といえば、もっぱら男性がするもの、というイメージがいまだに

強いですが、男性同様、女性でも不倫をする人は沢山いますし、昔に比べる

とその数は増えているのはないかと感じます。

 

その要因として、女性の社会進出が進み、勤務先で夫以外の男性と交流を

持つ機会が増えたこと、そして、LINEやfacebookといったSNSの普及に

より、誰とでも気軽に連絡をとれるようになったことが挙げられます。

 

夫の不倫と妻の不倫、罪の重さに変わりはありませんが、異なる点として

夫の不倫と比べると、妻の不倫の方が、離婚につながる確率は高いように

感じます。

 

その理由の一つは、経済的な事情。

夫は妻より収入が高い場合が多いため、離婚しても経済的に困ることがない

ということです。

そして理由の2つ目は、男性の方が女性よりも、傷つきやすい、根に持ち

やすい性格の人が多いということです。

 

「10年以上も前の妻の浮気が許せない」という思いを抱え続け、定年を

機に離婚したケースや、何か事あるごとに「お前の浮気を許したわけはない」

と過去の浮気問題をほじくり返すケース、妻の浮気が発覚してから数年に

わたって妻を無視し続けたケース、といったように、結婚生活のなかで

妻の浮気問題を引きずってしまう男性は少なくありません。

 

男性の多くが「男の不倫より、女の不倫の方が罪が重い」と考えている

というのも上記の言動につながる一因です。

 

不倫問題の清算の仕方は夫婦それぞれです。

その後の結婚生活において、夫が極力妻の浮気問題を引きずらないように

しっかり清算することが大切です。

その際に大切なのは

「浮気相手より夫の方がずっと大切だということ」

「浮気相手とは今後一切関わらないということ」

「今後は結婚生活を円滑継続していくことを最優先にすること」

これをしっかり夫に伝えてください。

浮気問題が発覚したときにきちんと対処しておかないと、この先ずっと

夫が引きずってしまう事態になりかねません。

離婚を回避したいのなら、対処方法をしっかり行うことが大切です。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
New Entries
Categories
Archives
Others