再婚後の養育費、どうなる!?

2020年11月13日

離婚の取り決めのなかでも特に重要なのが養育費です。

養育費は支払う期間が長期に及ぶことが多いうえ、子どもの人数によっては

金額が大きくなるケースもあります。多くの夫婦が毎月払いを選択するため

離婚後もお互いに気を揉む取り決めだと思います。

 

そして養育費に関してはもう一つ懸念事項があります。

それは再婚したらどうなるのか?ということです。

 

再婚=すぐに養育費減額ということではありません。

どちらかが再婚しても、子どもの親であることに変わりはないので

基本的には取り決めた養育費は変更されません。

ただ、元夫や子どもの生活環境に大きな変化が生じた場合においては、減額の

可能性が出てきます。

ここでは減額になる可能性のあるケースを3つ記載していきます。

 

まず1つ目です。

妻が再婚して、再婚相手と子どもが養子縁組をした場合です。

養子縁組をすると、再婚相手が子どもの扶養義務を負います。

再婚相手に相応の収入があれば、元夫の扶養義務は軽くなります。

この場合、元夫の養育費がどれくらい減額されるかは再婚相手の収入に

よります。

 

2つ目は、元夫が再婚した場合です。

再婚相手の子どもと養子縁組をしたり、再婚相手と新たに子どもをもうけたり

した場合は、経済的な事情などを考慮されたうえで、減額が認められる可能性が

あります。

 

そして3つ目です。

元夫の収入が大幅に下がった場合です。

ない袖は振れぬと言いますが、まさにそれで、養育費を取り決めた当時と

経済的な事情が変わっている場合は減額の可能性が出てきます。

 

元夫から養育費の減額を求められたら、まずは2人でよく話し合うことです。

ここで大切なのは、自分の主張を通すことを考えるより、相手の話をよく

聞くことです。

話し合いが紛糾してしまうと、険悪な関係になり、その後の養育費の支払い

にも影響が出てしまうかもしれませんから、まずは相手の言い分に耳を傾ける

ことを心掛けてください。

 

 

 

 

Category:秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ, 離婚相談

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
New Entries
Categories
Archives
Others