夫の浮気から夫婦関係の修復まで

2022年06月27日

離婚相談や離婚原因のお悩みで1番多く挙げられるのは、夫の浮気です。

現在浮気しているケース、過去に浮気していたケース、いずれも妻に

とってはショックが大きく、ひどく傷つけられます。

 

心の傷は浮気発覚直後だけでなく、将来にわたってずっと残り続けます。

個人差はかなりありますが、完全に消えることはありません。

 

夫としては

「謝ったんだから、いつまでも根に持たなくていいだろ」

「昔のことだから、いい加減水に流してほしい」

と思うかもしれませんが、その謝罪の仕方ひとつとっても、妻にとっては

許せるか許せないかを判断する大事なポイントです。

 

妻への謝罪は、何よりも“心からの謝罪であるかどうか”が大切です。

一時的な、その場しのぎの謝罪はすぐにそれと分かります。

きちんと謝罪したうえで、言葉だけでなく、日頃の態度も改めないと

10年後20年後に妻から離婚を宣告されてしまうかもしれません。

多くの男性が、浮気発覚後に謝罪すればそれですべて水に流されると

思ってる節がありますが、大きな間違いです。

 

浮気発覚後の対処方法というのは夫婦それぞれです。

しかしいずれの場合も夫婦関係の修復を望むならば、心からの謝罪に

加え、それまでの言動を省みることが必要です。

そしてそれは早い段階で行うべきです。

謝罪すらしない夫に比べて、きちんとした謝罪が早い段階である場合は

妻は前を向きやすくなります。それは当然ながら今後の夫婦関係の修復に

もつながってきます。

 

「夫が浮気した=離婚」とは容易にいきません。精神的・心理的な問題や

経済的な不安がある場合は、妻が離婚を望んだとしても簡単には踏み切れ

ません。

離婚を選択しない場合は、夫婦関係の修復改善をしていかなければいけま

せん。夫との関係を割り切って、気持ちを切り替えることができる女性も

いますが、もし夫婦関係に修復の余地があるのなら、時間がかかってでも

するべきだと思います。

修復のやり方は、それぞれ夫婦の形がありますから、これといった正解は

ないと思います。

ただ、「相手の話をよく聞く」「思いやりを持って接する」「食事を作る」

「優しく声かけする」といった基本的なことでも、積み重ねれば変わって

くるかもしれません。

“自分がされて嬉しいことは何か”を基準に行動してみると変化が目に見えて

くるかもしれません。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
New Entries
Categories
Archives
Others