離婚の条件、フェアにするべき!?

2022年10月11日

離婚における財産分与はその金額も大きいことから、夫婦にとっては

慎重に行う必要があります。

離婚の財産分与は主に、自宅、預貯金、自動車、保険(解約金含め)など

があり、どのように分けていくのか神経をとがらせる場面です。

 

財産分与は夫婦で折半というのが基本的なルールです。

しかし、なかには夫に明らかな離婚の原因があり、夫も非を認めて反省

しているような場合は、妻に自宅を財産分与として贈与するようなケースも

あります。

ほかにも同様の理由で、預貯金を多めに渡すようなケースもあります。

財産分与は夫婦によっていろいろですが、基本的には取り決め自由です。

どちらかが損することなくフェアに行う場合は、もめる確率は当然に低く

なります。

その反対に、どちらかに偏った財産分与としようとすると、もめる確率は

急激に高くなります。

誰でもそうだと思いますが、最初に80もらえると思っていたものが

あとから70に下げられるとすごく損した気になります。

離婚協議は特に、最初に取り決めたことを後日変更することで、話し合いが

紛糾してしまうことが多々あります。

これは仕方のないことで、だからこそ離婚の取り決めは時間をかけて

双方納得いくように行うことが一番大切です。

またこれに加えて、よほどの事情を除き、財産分与はフェアに行うという点も

離婚協議を円滑に行うポイントです。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
New Entries
Categories
Archives
Others