後腐れのないスマートな離婚とは

2023年12月08日

スマートな離婚というと語弊があるかもしれませんが、「スピーディー」

「もめない」「後腐れがない」この3つの要素を満たしている場合がそれに

該当するかと思います。

 

スマートな離婚をする人にはいくつか共通点があります。

①養育費や慰謝料といった金銭面の取り決めにおいて、相手が無理なく払え

る金額で折り合いをつけている

②相手の資力を理解し、配慮し、財産分与でも多くを求めすぎない

③相手に感謝の意を伝える、または、相手の言うことに耳を傾ける

といった点です。

上記の点を念頭に置いて離婚協議を進めることができる人は、

手続き完了までの時間が短いですし(スピーディー)、相手と紛争になること

がほとんどありませんし(もめない)、お互いに嫌な思いをする機会もほぼ

ありませんし、離婚を引きずることもありません(後腐れがない)。

 

実際にあった過去の事例を取り上げてみます。

妻は離婚にあたり、自宅を財産分与としてもらいたいと考えていました。

最初からその意思を夫に伝えていましたが、あとになって夫が自宅をほしい

と言い出しました。

妻は一時は冷静さを失いそうになりましたが、「ローンの支払もあるし、

夫と争っても無駄だ」と思い直し、譲ることにしました。

自宅を夫に分与する代わりに、預貯金を多くもらうという取り決めをし、

もめることなく手続きは終結しました。

夫からしても、妻の譲歩があると取り決めがしやくすくなり、その後の

手続きに協力的になる傾向があります。

スマートな離婚の場合、「すごく得をする、多くを獲得する」ことは

叶わないかもしれませんが、相手と争わずに済んだことで、離婚後の人生を

前向きにすぐ歩み始めることができます。

離婚の取り決め段階でもめてしまうと、離婚後も、意外と長い期間において

嫌な思い出やマイナスな感情を引きずってしまうことがあります。

 

離婚はどうしても相手あってのものですので、折り合いや譲歩がなければ

前進しづらくなります。

お互いの話し合いで決着がつかない場合は、調停や弁護士の出番となり、

どうしても大ごとになります。

ある程度の折り合いができる状況ならば、そうした方がうまく事が進む

ということも心に留め置きたいものです。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
New Entries
Categories
Archives
Others