LINEで離婚を伝えるポイント

2023年12月15日

昨今の離婚事情はSNSの急速な発展もあり、夫婦で直接話し合うよりも

メールやLINEを多用して相手と交渉するという夫婦の割合が大きくなって

きました。

 

離婚協議をメールやLINEで進めるうえで注意してほしいことがいくつか

あります。

①簡潔に分かりやすくを心掛ける

養育費や慰謝料といった金銭の取り決めについては、特にもめる要素が

沢山あります。そのため、「養育費は子ども1人につき、月額3万円、

子どもが2人いるので合計月額6万円とする。支払期間は子どもが大学を

卒業する月まで、毎月末日までに振り込む方法により支払う」というように

疑義が生じないよう、金額と期間、支払方法を具体的に取り決める必要が

あります。

 

②やさしい言葉遣いを心掛ける

「父親なんだから養育費を払うのは当然」「浮気したんだから離婚される

のは自業自得」といったように、向こうに非があって離婚する場合は、どう

しても相手に対して語気が強くなりがちです。

同じ言葉でも会って伝えるのと、文章にするのとではニュアンスが大きく

異なります。

文章にすると意外に不躾になりがちですので気を付けたい点です。

 

③送信は時間を置くことを心掛ける

離婚の取り決めをメールで送る場合、送信内容を作成してから1~2日は

置くように心がけるといいと思います。

誰でもその日の出来事や気分によって、感情的な内容を打ってしまったり

することがあるからです。

頭がクリアな状態で、何度か送信内容を見返してから送信することで

あとになってから「あんな内容送らなきゃよかった」を防ぐことで出来ます。

 

以上、たった3つのポイントですが、意識してみることでその後の離婚

協議が少しは進みやすくなるかと思います。

離婚に関しては相手あってのものである、ということを忘れないことが

大切です。

Category:離婚相談, 秋田っていっすな~ 日々奮闘する女性行政書士のブログ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
New Entries
Categories
Archives
Others